ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

河埜から坂本まで……熾烈を極める巨人のショート争いの歴史

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 開幕前、野球賭博問題の影響が懸念された巨人だが、主将2年目を迎えた坂本勇人が首位打者争いを演じ、チームも好調をキープしている。2年ぶりの覇権奪回に燃えている巨人はロッテからクルーズ、NYヤンキースからギャレットを獲得するなど、今年も補強に余念がなかった。

 巨人の大型補強といえば、1993年オフにFA(フリーエージェント)制度が導入されてから顕著になったが、V9時代にも南海のクリーンアップを打っていた富田勝、大洋で本塁打王に輝いたことのある桑田武などをトレードで獲得。FAも逆指名ドラフトもなかった1980年代も、大洋から松原誠、西武から高橋直樹、近鉄から有田修三、阪急から加藤秀司といったベテランを補強。常に万全の戦力でシーズンに臨んでいた。

 特に、競争の激しかったポジションはショートだった。1970年代から遊撃の座を死守し続けていた河埜和正がベテランに差し掛かった1984年、ドラフト1位で慶應大学の上田和明、2位で三田学園の藤岡寛生が入団。石渡茂、鴻野淳基、川相昌弘、西本和美とチーム内に遊撃手が7人も集まる飽和状態が生まれた。

 筑波大学から1981年にドラフト外でプロ入りした西本和美は、巨人初の国立大学出身選手として注目を集めた。1984年9月の大洋戦では、スタメンで起用され猛打賞を記録。期待が大いに高まった。しかし、翌年の開幕直前に日本ハムへトレードされ、1986年限りで現役を引退している。

 藤岡も大量補強の壁に悩まされた一人だ。1987年、イースタンリーグで打点王を獲得したものの、一軍昇格はなし。当時のショートは岡崎郁、鴻野淳基らがレギュラーを争い、川相昌弘は控えに甘んじ、スイッチヒッターに挑戦するなど模索を繰り返していた。球団はそこに加えて、1986年のドラフトで勝呂博憲、緒方耕一というショートを指名した。

 勝負の4年目、藤岡の右肩を激痛が襲い、この年も一軍には上がれず。約1年に及ぶリハビリを終えて復帰すると、取り巻く環境はさらに厳しくなっていた。その後もドラフトで鈴木望や元木大介が加入し、年々ライバルが増え、二軍での出場機会も徐々に減っていき、1992年秋に戦力外通告を言い渡される。

 藤田元司監督が就任した1989年、川相昌弘がショートのポジションを奪う。当初は勝呂がレギュラーの最右翼と思われたが、守備の確実性に加え、バントという武器を持った川相が抜擢された。その後、1999年に二岡智宏が入団するまで10年間にわたり、巨人のショートを死守する。

 その間も、巨人は逆指名で川中基嗣を獲ったり、マリアーノ・ダンカンにショートを守らせたりしたこともあった。それでも、FAなど外様選手を中心に形成された大型打線のなかで、川相は貴重なつなぎ役として存在感を発揮した。

 その後、二岡が後を継ぎ、2008年から現在まで坂本勇人が守り、いずれも巨人の顔となっている。FAなどで外様が増えても、巨人のショートは常に生え抜きが死守。並み居る強敵たちを抑えてレギュラーになるからこそ、巨人のショートは球界を代表する人材が生まれ、ファンからの人気を集める存在になっているようだ。 

【関連記事】
川相昌弘 昨年の巨人2軍監督就任の陰に落合氏の気遣いか
「野球のドラフト指名は人脈・系列・縁故がモノいう」の証言
内川、多田野、一場、長野…2000年代ドラフトの事件振り返り

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。