ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホストにハマる著名人 黒木瞳、後藤真希、細木数子も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女優の真木よう子(33才)が、ホストクラブでたった一晩で2000万円を使ったことを『女性セブン』2016年5月12・19日号が報じたが、ホスト好きな芸能人は真木だけではない。

 くわばたりえ(40才)は、ダイエットに成功した後、歌舞伎町のホストクラブに通っていることを芸人仲間が暴露(2009年1月)。人気店のAくんが本命かと思いきや、別の店のBくんとも月に2~3回デート。『女性セブン』の直撃に「遊んだだけ」とコメント。

 研ナオコ(62才)は、2007年、ホストクラブ『X』のホストとのデート現場をフライデーされ謝罪。翌2008年には『Y』のカリスマホストから、ストーカー行為をしたとのことで告発された。

 飯島直子(48才)は、歌舞伎町のホストクラブ『Z』でNo.1の13才年下のカリスマホストと2年にわたり交際。(2005年8月発覚)   黒木瞳(55才)は、2008年1月、舞台で共演した元ホストの城咲仁、河相我聞とともに、老舗ホストクラブに5時間滞在したところを本誌がキャッチ。店内では8人のホストと一緒に、高級シャンパンを10本空けたという。

 後藤真希(30才)の場合は、もとはゴマキの母が通っていたことから、母と一緒に歌舞伎町のホストクラブへ通うように。2011年7月、夜の部がメーンで、日の出タイムも何度か来店していることが伝えられた。

 細木数子(78才)は2010年、昔、お気に入りのホストに一晩800万~900万円使ったと告白している。

※女性セブン2016年6月2日号

【関連記事】
東野幸治が妻のホストクラブ通いにコメント 別居疑惑を語る
真木よう子が細木数子超え ホストクラブで一晩2000万円使った?
年収3000万円超のホスト信長さんのコミュニケーション鉄則5

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP