ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

老人ホーム「紹介業者」との賢い付き合い方とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「老人ホームの選び方、入り方」は、経験したことがないと具体的にイメージしにくい。そこで注目されているのが、利用者と施設の「橋渡し役」といえる紹介業者だ。施設への入居を希望する本人や家族から要望を聞き取り、相性がいいと思われる老人ホームを紹介する仕事をする。彼らは多くのホームを訪問し、優秀な業者は有益な情報を持っている。

 だが、紹介業者ビジネスに詳しい高齢者住宅コンサルタントの濱田孝一氏はこんな注意を促す。

「老人ホーム紹介業は歴史が浅く、相談員になるための資格などもありません。そのため、非常に熱心な業者がいる一方、そうとはいえないケースもある。成約した際の手数料も含め、紹介業者と施設がどういう関係にあるのかも、利用者にはわかりづらい。これから環境やルールは整備されてくるでしょうが、現時点では玉石混淆です」

 そこで、濱田氏に紹介業者選びのポイントを挙げてもらった。

●相談員が施設の「ソフト面」に詳しいか

 紹介業者が頼りになるのは、相談員が施設に足繁く通っているからこそ。しかし、中にはそれをやらない業者もある。

「施設の広さや個室の間取り、スタッフと入居者の比率といった『数字』をスラスラと説明されると、つい“この相談員は詳しそう”と思ってしまいがちですが、そういったハード面のデータは、施設に行ったことがなくても資料からいくらでも説明できます。

 相談員自身が施設に行って見聞きしたことを説明してくれるかがポイントです。こちらから『食事の味は?』『施設長はどんな人なの?』といったソフト面についての質問をしてみて、口ごもるようなら注意が必要です」(以下、「」内は濱田氏)

●施設見学前に本人、家族の話を相談員がよく聞くか

「相談員が施設について詳しいのは当たり前です。マッチングが仕事である以上、施設だけでなく入居希望者にも詳しくなろうとするのがいい相談員です。熱心な相談員は既往症、持病にとどまらず、趣味やこれまでの職歴なども聞いて、少しでも入居希望者のことを知ろうとする。そこまでやる相談員なら信頼できるでしょう」

●見学に必ず同行するか

 いざ老人ホームを見学するという時に、普通は何に注意して見ればいいのかよくわからない。

「見学の際にはスタッフの服装や挨拶、言葉遣いなどちょっとしたところに施設の善し悪しが現われます。“素人”がなかなか気付きにくいところですから、相談員が同行して解説してくれることに意味があります。ところが紹介業者の中にはネット上で資料請求し、それを渡して終わり、というところもあります」

●施設の「マイナス面」を提示するか

“いいところばかり説明されると不安になる”というちょっと天邪鬼な感覚も、老人ホーム選びでは大事になる。

「どんな施設だっていいところばかりではありません。『施設長はちょっとぶっきらぼうで話しづらいところがあるけど、利用者目線に立った熱心な人』といったように、マイナスに取られるかもしれない部分まで説明して、入居希望者の判断に委ねる。そういう相談員のほうが誠実といえます。

 そもそも、『いい/悪い』は人によって異なるものです。段差の多い家に住み慣れた人が突然バリアフリーの施設に入ると、逆に転倒してしまうこともあるくらいですから」

 利用者側は老人ホーム紹介業者に手数料を支払う必要はない。電話の問い合わせでさえ、フリーダイヤルに設定している業者が多い。だからこそ、紹介業者とやり取りして不安な点があれば、別の業者に依頼しなおせばいいだけのこと。信頼できる紹介業者と出会うことが、良いホーム探しの近道となる。

※週刊ポスト2016年5月27日号

【関連記事】
老人ホームの「紹介業者」は最適な施設をどう探しているか
厚労省が全国19万事業所を網羅 老人ホームデータベースの中身
ホテルのように豪華で設備が充実している高齢者施設が増加中

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP