ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【連載】女のホンネとタテマエ~「デートしたくない」を意味するコトバ~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

何度かデートを重ねて様子見の微妙な関係の時ほど、むやみに相手を傷つけずに済むセリフを探してしまうものです。

少し距離を置きたい時には「仕事を理由」にするのが一番。

彼を傷付けずにデートを断る時に言うセリフ『時間が出来たら連絡するね』をご紹介したいと思います。

時間が出来たら連絡するね=デートしたくない

例えば何回目かのデートを経た関係の時。このままコンスタントにデートを重ねてお付き合いに至りたいと思うのは当然の流れです。

でも、次のデートの都合を聞かれるも、イマイチ気持ちが乗らず複雑な時、『時間が出来たら連絡するね』と言って一旦関係を保留してしまうのです。

気が向けば連絡します

「仕事が忙しい」と言っておけば、電話やLINEを返さなくても多少大目に見てもらえるでしょうし、連絡すら控える男子もいるのではないでしょうか。

畳み込むように「返事は時間が出来た時で良いから」とか「返信不要です」などの前置き付きでLINEしてくる男子は逆効果。

「(本当は忙しくないけど)忙しいって言っているのに! 」とイラついてしまう女子もいます。

私も経験がありますが、一度彼と疎遠になって何日か過ごしてみると、ふとした時に案外彼が恋しくなったりするものです。

もちろん、そのままフェイドアウトする時もありますが、恋愛を何度か経験した女子ほど、臆病で優柔不断な態度を取ってしまうものだと思います。

リードして欲しいけれど決定権は自分に欲しい

女子はやっぱり男子に恋愛をリードして欲しいと思ってはいますが、「YES」「NO」の決定権は女子にあるべきだと思っている女子は多いです。

これはきっと、レディファーストという精神に基づいているのかもしれません。

ある程度ぐいぐい来て欲しいけれど、付き合うかどうするかは女子の気持ち次第。

わがままな理屈かもしれませんが、これが女子のホンネなのです。

 

女子は勢いよりも自分の気持ちを信じる生き物ですので、下手に刺激せずに気長に連絡を待って欲しいと思います。

関連記事リンク(外部サイト)

男をダメにする女の特徴4つ
【連載:映画で分かる女の本音】~情に流されず、欲張らず、幸せを手にする〜『海よりもまだ深く』
男子に言われても嬉しくない褒め言葉

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP