ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

懐かしのタイムカプセルを再び!ノスタルジックなシェアアプリ「Diground」が楽しい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

小学校の卒業時に埋めた、懐かしのタイムカプセル。学校を去るときでなければできない、特別なイベントだ。

そんな“特別行事”が、いつでもどこでも手軽に実行できるとしたら?「Diground(ディグランド)」なら、その夢をかなえてくれる。

マップ上の好きな場所にタイムカプセルを埋めて、仲間同士シェアして楽しむ、大人のためのエンタメアプリ。このたび、好評のiOS版に続き、Android版もリリース。機能も追加され、ますます使い勝手が良くなった。

・土地もスコップも不要でタイムカプセルを埋められる

「Diground」の利点は、土地もスコップもなしで、簡単にカプセルを埋められるところ。ここぞと思う場所をマップで長押しするだけで、タイムカプセルが実行される。

カプセルには、写真やコメントを入れられるようになっている。“この場所でしか、開けられないカプセル”“5人までしか、開けないカプセル”“1年後にならないと、開かないカプセル”など、現実より多彩な設定が楽しめるのも面白い。

・家族のお祝いや友人のサプライズにぴったり

埋めたカプセルは、ひとつのマップにまとめて公開しよう。友達だけではなく、世界中の人に自分のカプセルを発見してもらえるのだ。もちろん、他のユーザーが作ったマップを、ゲットすることも可能。仮想空間で手軽に“宝探し”できるのも、このアプリのメリットだ。

遊び方は無限大。同窓生と再び、ノスタルジーに浸るもよし。家族のお祝い、友人に対するサプライズ、恋人へのプロポーズに利用してもいい。大人ならではの活用法を、考えてみよう。

Diground

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP