ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

100ヶ国訪れた旅人が厳選!人懐っこいあなたにピッタリな6つの国

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

旅が大好きな旅人さんの大半は人との出会いが大好きなんです。

観光をした記憶や、絶景を見た記憶よりも後から思い返してみると、

「あそこの国で、あんな人に出会ったなぁ」

「あの人とあそこの国で出会った事が旅の一番の思い出だなぁ」と思う方もたくさんいます。

僕もそのうちの一人です。

むしろ、僕の旅の原動力はその国で暮らす方達との出会いと触れ合いなんじゃないかと思うほど。

今回は100ヶ国以上周った旅丸のshoが「出会いと触れ合い大好き」な旅人の皆さんに、6つの国をご紹介させていただきます。
 

陽気なラテンのノリで初めて会った日にはもう友達!メキシコ(中米)

tabippohito2

メキシコ人の方はとにかく陽気!

とっても話し好きで、お酒好きなメキシコ人はすぐに誰とでも仲良くなってしまうんです。
メキシコはあまり治安が良くないとも言われていますが、北部と西部をのぞけば治安もかなり落ち着いています。

僕のオススメはグアナファトという学生が多いメキシコの中部にある都市です。
tabippohito3

グアナファトにはグアナファト大学というメキシコでは有名な大学があり、多くの学生がルームシェアをして暮らしています。

大学生の方達はとっても気さくでオープンマインド。すぐに仲良くなれちゃいます。
tabippohito1

中には日本語を勉強している方もたくさんおり、話の流れでおうちに遊びにおいでよーってなる事もしょっちゅうなんですよ。
 

スペイン語の勉強は超親日のコロンビアで(南米)

tabippohito11

南米にあるコロンビアはとっても親日国なんです。

その中でも僕がオススメしたいのはメデジンというコロンビア第二の都市。
tabippohito13

メデジンには日本語教師のかおり先生や日本人宿のShuhariという宿があり、そこでは言語や文化を交換し合う、インテルカンビオというものが頻繁に行われています。
tabippohito14

かおり先生が日本語教師として授業を持っているEAFIT大学では、実際に授業に参加することができ、たくさんのコロンビア人の生徒の前で授業をする事もできます。

僕はコロンビアの方が日本の企業に就職する際の面接官ロールプレイングを行いました。

日本語を話せる生徒さんが非常に多く、週末の休みには色んな場所に出かける事も頻繁にあります。
tabippohito10

南米を長期で旅したい方は、コロンビアでスペイン語を勉強してから旅に出るのがオススメです!

インテルカンビオは無料ですので、費用面でもお得!!
 

仏教の教え。人の心が温かいラオス(東南アジア)

tabippohito22

人が温かい事で知られている東南アジアですが、僕のオススメはラオスです。

特にルアンパバーンという世界遺産に指定されているラオス北部の街へ訪れていただきたいです。
tabippohito21

ルアンパバーンには数多くのお寺があり、毎日朝早くからモンクとノービス(修行をしている小僧さん)が托鉢をしています。

その光景はとても見ていて美しく、感動さえ覚えるほどです。
tabippohito20

僕がオススメなのはこのモンクやノービスとの触れ合いなんです。

モンクやノービスは修行、勉強などが終わると基本的には自由時間になります。ノービスの子供達は授業で英語を勉強している場合が多く、多少の英語を理解する事ができます。

中には日本語の勉強をしているノービスもいるほどです。僕が知り合ったノービスはすでに折り鶴の折り方まで習得していました。
tabippohito23

オレンジの袈裟をまとったノービス達はとても好奇心旺盛で、たくさんの質問をしてくれるのでとっても楽しい!!

是非、ラオスのルアンパバーンでお坊さん達とコミュニケーションをとってくださいね。
 

エネルギーはきっと底なし!エチオピア(アフリカ)

tabippohito5

アフリカの中でも一番外国人と距離が近いのがエチオピアではないでしょうか。

街の中ではサッカーをしている若者達が非常にたくさんおり、ちょっと見ていると「一緒にやろうよ!」とお誘いがかかってくる事もしばしばです。
tabippohito4

エチオピアの子供達はとっても元気いっぱい!体力はもはや底なしではないでしょうか。
tabippohito6

エチオピアの大部分はまだまだ発展していない土地になり、少し田舎へ行くと外国人をあまり見た事がない子供もたくさんいます。

言葉が通じない事も多々ありますが、彼らの元気の良さと素敵な笑顔を見れば、こちらも楽しい気持ちになる事間違いなし!
 

大自然の中の素敵な出会い。タジキスタン(中央アジア)

tabippohito17

中央アジアの中で一番オススメなのがタジキスタンですね。

タジキスタンの方達は決して英語が得意ではありませんし、こちらが多少のロシア語を話せないとコミュニケーションはなかなかとる事ができません。
tabippohito15

それでも、タジキスタン人はとっても話し好きなんです。

僕が訪れた時も、たくさんのタジキスタン人の方が話しかけてきてくれました。
tabippohito18

都市部ではなく、多少田舎の方が僕のオススメ。

とっても美しい自然の中で遊ぶ子供達を見ると、こちらもついつい混ぜて欲しくなってしまうんです。
tabippohito16

川で遊んでいる子供達と仲良くなって、その子の家で食事までいただいた事もあります。

大自然の中で育つと、大人も子供もおおらかな心の持ち主になるんですかね〜。
 

バルカン半島にある小さな国コソヴォ(ヨーロッパ)

tabippohito7

旅に出るまで名前も聞いた事がない国って結構あるもんなんです。

コソヴォもその一つでした。
tabippohito8

地図を見ているとなんとなくルートの中に組み込めそうだったので、訪れる事にしたコソヴォですが、ここで出会った若者達とは今でも連絡をとり続けているほど仲良くなりました。

特に有名な観光名所がある訳でもないコソヴォには、あまりバックパッカーが訪れる事はありません。

そのため、大人も子供もアジア人の姿を見るととっても珍しがって近寄ってきて、写真を撮らせてくれたりするんです。
tabippohito9

僕はたまたま晩御飯を食べに行った場所で、お酒を飲んでるおじさん達と仲良くなり、その方の家にホームステイまでする事になりました。
 

人との出会いは旅をさらに素晴らしいものへと進化させる!

tabippohito26

all photo by sho

今回は大陸別で一ヶ国ずつを紹介させていただきましたが、世界には本当に温かい方達が暮らしているんだなぁと、僕は旅を通じて毎日のように感じていました。
 

絶景を見る事ももちろん素晴らしいし、美味しい食事をする事も旅を素敵なものにする要素ではありますが、やはり一番記憶に残るのは人との出会いなんじゃないかと僕は思います。
 

言葉が通じない事もたくさんありますが、世界の人々の温かさは言葉からではなく、気持ちから伝わるものなんだなぁと実感しました。
 

人との出会いが大好物な旅人の方は、是非今回ご紹介した国へ訪れていただきたいなぁと思います!!

 

↓↓世界中の情報が満載の世界一周ブログ「旅丸」はこちらから↓↓

shoblog

関連記事リンク(外部サイト)

僕は大学の卒業研究のテーマを「世界一周」にしました
世界一周経験者7人に「オススメの宿」 を聞いてみた!
【えっこんなに安いの?】あなたの知らないオーストラリアのLCC
【え?あの人もそうなんだ!】バックパッカーを経験したことがある有名人とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。