ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新たな魅力を発見!シンガポールにある様々なビーチに行ってみよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新たな魅力を発見!シンガポールにある様々なビーチに行ってみよう
https://www.compathy.net/tripnotes/22568#episode-227604

Photo by: Seina Morisako「シンガポールのビーチ!

こんにちは。Compathy MagazineライターのSeinaです。
私は家族とシンガポールで生活しています。シンガポールはとても小さな島。しかしそこには、様々なスタイルの「ビーチ」が存在します。観光で訪れるビーチも楽しいですが、「シンガポールらしい」ビーチを訪れ、まるで住んでいる人のように楽しんでみるのはいかがでしょうか。

アクティビティ満載なビーチ

シンガポールといえばセントーサ島など、アクティビティ満載のビーチを思い浮かべる人も多いでしょう。「iFry」などをはじめとした様々なアクティビティに興味が向いてしまいがちですが、実はビーチもとても魅力的です。

これらは人工的に整備されたビーチなので、きれいで安全。良心的な値段の素敵なカフェでランチをしながらビーチでサクッと水遊びができます。アクティビティで流した汗を海でさっぱりさせるのもいいかもしれませんね!

シャワーはビーチの様々な場所に設置してあるのでどこでも気軽に遊ぶことができます。しかしビーチ沿いにロッカーなどはありませんので貴重品の管理などには気を付けましょう。
https://www.compathy.net/tripnotes/22568#episode-227602

Photo by: Seina Morisako「シンガポールのビーチ!」2

自然がいっぱいのビーチ

シンガポールには人工的なビーチが多いですが、手付かずの自然を残したビーチもあります。2015年の10月にオープンした旧セラングーン島であるコニーアイランドは、シンガポールでは珍しい「自然が残されたビーチ」。

島の近くのレンタルショップで自転車を借りて、サイクリングを楽しむこともできます。アイランドサイクリングはシンガポールの様々な島で行うことができますが、コニーアイランドは「橋で渡れる」ため、フェリーに乗る必要がありません。なので気軽にビーチや森林などを味わうことができます。

しかし忘れてはならないのが自然の生息環境。自然ということで様々な動植物が生息しています。人間に被害を及ぼす虫なども存在しますので、島の海岸で遊ぶ場合は蚊などの虫や猿、トカゲなどに注意が必要です。
https://www.compathy.net/tripnotes/22568#episode-227990

Photo by: Seina Morisako「シンガポールのビーチ!

戦いの準備は整った!アスリートビーチ

シンガポールのビーチでは、スポーツイベントが数多く開催されています。トライアスロンやアクアスロンは、毎月のように開催されているのです。

このような大会は大人だけの大会ではありません。10歳前後の子供が参加できるカテゴリーも数多く開催されています。そしてその大会に向けての練習会も行われています。多くの子供たちがアスリートになって戦う姿はとても頼もしいものです。ぜひ皆さんも見に来てください。

https://www.compathy.net/tripnotes/22568#episode-227599

Photo by: Seina Morisako「シンガポールのビーチ!
このようにシンガポールには様々なスタイルのビーチがあります。シンガポールは晴天の場合、非常に気温が上昇します。日中のビーチ遊びは過酷なので、ビーチに行くのは朝か夕方がおすすめ。

紹介したビーチは、オーチャードなどの中心部からタクシーを使えば30分以内で到着することができます。ぜひ思い立ったらすぐ行動。シンガポールのビーチに出かけてみましょう。

ライター:Seina Morisako

Compathyでこの旅の旅行記を見てみよう!

Seina Morisako「シンガポールのビーチ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。