体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子どもが「学ぶ習慣をつける」には、どんな住まいがいい?

子どもが「学ぶ習慣をつける」には、どんな住まいがいい?

子どもが、小さいうちから学ぶ習慣をしっかりつける。そのためには、どんな環境を用意すればよいのだろうか。子どもの生活や学習状況などについて数多くの調査に携わってきた研究者・邵勤風(しょう・きんふう)さんのアドバイスを参考に、学ぶ習慣をつける空間のヒントを紹介しよう。

本が子どもの目線に自然に入るリビングに

【図1】読書と言語能力の相関(出典:ベネッセ教育総合研究所「小中学生の学びに関する実態調査」2014年)

【図1】読書と言語能力の相関(出典:ベネッセ教育総合研究所「小中学生の学びに関する実態調査」2014年)

読書習慣の有無と言語能力の高さには、相関関係が見て取れる。だから、本を読む習慣は、できる限り早いうちに育みたい。そのために必要なのは、幼いころから本が子どもの視界に自然に入る環境を整えることだ。

例えば、リビングや廊下などの一角を使って、子どもの視界に入る高さに本棚を造り付けてみよう。こうすれば子どもは、本を自然に身近に感じるようになるはず。本を並べるときには、背表紙ではなく表紙が見えるようにすると、子どもの興味を引きつけやすくなる。あえてきれいに本棚に整理せずに、ソファなどにも本を置いておき、子どもがなにげなく手を出せるようにするのも一案だ。【画像1】表紙の絵が子どもの視界に入るような高さに本を置くスペースをつくり、表紙が見えるように本を並べよう(イラスト:須山奈津希)

【画像1】表紙の絵が子どもの視界に入るような高さに本を置くスペースをつくり、表紙が見えるように本を並べよう(イラスト:須山奈津希)

子どもが親に話しかけやすいキッチンに

【図2】親のかかわりと子どもの一日の平均勉強時間(出典:ベネッセ教育総合研究所「第4回子育て生活基本調査」2011年)

【図2】親のかかわりと子どもの一日の平均勉強時間(出典:ベネッセ教育総合研究所「第4回子育て生活基本調査」2011年)

放っておかれると、子どもはなかなか勉強する気にならない。親が適切にかかわると、学びに対するモチベーションは高まる。調査結果が明らかにしたのは、学校や塾のノートに親が目を通す子どものほうが、平均勉強時間が長いこと。小学6年生では1日に平均で約20分の差がつく。もちろん勉強時間が長ければいいということではないが、親の関心は、それほどまでに子どもの学習意欲を刺激するということは言える。

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会