ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

愛子さまが触角付き前髪は封印 はつらつとした表情伝わる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 5月11日、愛子さまは学習院女子中等科の就学旅行に参加した。姫路、香川、岡山、広島とお友達と巡る中で、愛子さまに変化があったという。4日間、どの観光スポットでも愛子さまの姿は目を引いていた。

「セーラー服姿の女の子の集団に目を向けると、愛子さまがいらっしゃったんです。お友達と笑顔でお話しされていましたが、なんだかテレビなどで目にする愛子さまと違った印象を受けました。髪形でしょうか、とても明るく女性らしい雰囲気で…」(目撃した観光客)

 長いストレートの髪を後ろで1つにまとめ、サイドはピンでとめられている。眉が隠れるか隠れないかほどの前髪は軽く斜めに流され、色白のおでこが見え隠れする。

「これまで愛子さまは、輪郭を隠すようにサイドを残す、いわゆる触覚付き前髪が印象的でしたが、この日は違いました。サイドをとめられ、前髪も斜めに流して、いつもよりお顔がよく見え、はつらつとした表情がよく伝わってきました」(前出・観光客)

 小学生のときから伸ばしている定番のロングヘアであまり変化が見られなかった愛子さまの髪形だが、昨年5月も新たなスタイルを見せられたことがあった。

「御料牧場(栃木)でのご静養に向かわれた時ですが、愛子さまはサイドの髪の毛を編み込み、後ろでティアラのようにまとめていらっしゃいました。これは、その前に佳子さまがなさっていたヘアスタイルとそっくりでした。髪形を意識されるお年頃なんでしょうね」(皇室記者)

 思春期の女子なら誰もが関心を抱くように、愛子さまもファッションやヘアスタイルにこだわりがあったという。

「以前、眉も隠れる長い前髪について、皇太子さまと雅子さまは“前髪を切りなさい”“もっと顔が見える方がいい”とアドバイスされたそうですが、その時は頑としてお聞きにならなかったそうです。でも最近はお友達の影響があるのか、ご自分で前髪を少し切った方がいいかな、など気にされているようですよ」(東宮職関係者)

 学習院関係者が次のように明かす。

「中学3年生の女の子同士ですから、日々ファッションやヘアスタイルの話で盛り上がるのは当然のこと。分け目や髪を結ぶ位置、前髪の長さや流し方をアドバイスしあうこともあります。

 手先が器用で編みこみが上手な子が、お友達のヘアセットをやってあげることもあるでしょう。特に修学旅行では寝食をともにし、起きてからの身支度も一緒なわけですから、その日のヘアスタイルももしかしたらお友達がセットしてくれたのかもしれませんね」

 4月には学習院のイベントでチェロを披露され、4月末には球技大会のソフトボールで活躍。そして5月の修学旅行…一時の不規則登校はまったく見るかげもなく、愛子さまは同級生とともに充実した学校生活を送られている。

「球技大会のソフトボールでは、愛子さまのチームが3連勝で決勝まで勝ち進みました。接戦の末、惜しくも2対1でサヨナラ負けを喫しましたが、愛子さまは内野を守られ、ヒットを数本打ったほか打点もあげられたそうです。

 大会前には東宮御所でご両親とキャッチボールをされたり、雅子さまからバッティングの指導を受けられたといいますから、体を動かすことにも積極的。少しほっそりとされたようにも感じられます」(前出・東宮職関係者)

 日ごと成長される愛子さまの姿が眩しい。

※女性セブン2016年6月2日号

【関連記事】
愛子さま 人生初めての「おひとり電車」にホームでウキウキ
愛子さま 学習院文化祭で「声優・アイドルのなり方」を熟読
愛子さま 佳子さまのような格好したいと主張も雅子さまが反対

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP