ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android Wear 2.0ではアクティビティをベースにアプリを自動的に起動することが可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google I/O 2016 でメジャーアップデートが発表された Android Wear では、ユーザーのアクティビティを認識して特定のアプリを自動的に起動させることが可能になります。今秋リリース予定の「Android Wear 2.0」では、スタンドアロンアプリへの対応や UI のリニューアルなど、様々な変更が加えられる見込みですが、Google Fit 関連のアップデートも注目されるところです。ここのでアクティビティは、歩いたり走ったりする行動タイプのことで、Android Wear 2.0 では Google it においてこの変化を識別できるようになりました。これを活用すると、例えばジョギングを始めると Runkeeper アプリを起動させて GPS トラッキングを開始できるようにしたり、一定の時間を走ると給水を促す通知を送信するようなことが可能になります。Source : Android Central

■関連記事
HTCが製造するNexusスマートフォンはメタルボディを採用する見込み
HTC 10 日本モデルの噂
MIUI 8で新しくなるUIがスクリーンショットで確認可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP