体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Helloじゃなくて「G’day!」オーストラリアの英語スラングで現地人との距離を縮めよう

Helloじゃなくて「G’day!」オーストラリアの英語スラングで現地人との距離を縮めよう

日本語に方言があるように、英語にもイギリス英語、アメリカ英語、オーストラリア英語、カナダ英語など国によって異なる言葉を使う時があります。

今回は、私がワーキングホリデー中に気づいたオーストラリア特有の表現やスラングをいくつかご紹介します!

実際によく聞く言葉をまとめてみましたので、渡豪する予定の方や今まさに渡豪中の方、参考にしてみて下さい♪

 

No worries

db80826da0ead4f12e0be46a271bc329_s

photo by photo-ac

意味:構わない、大丈夫

おそらくこの言葉はオーストラリアにいる時、一番便利で一番使えます。大まかには「構わない、大丈夫」と訳しますが、状況によって様々な意味を持ちます。

 

Sorryと言われたらNo worries (気にしないで!)。
Thank you と言われたらNo worries (どういたしまして!)。
Are you okay?と聞かれたらNo worries (問題ないよ!)

など、場面に応じて使い分けることが出来ます。

 

アメリカなどではよく使われているDon’t worry やNever mindなどの言葉はあまり聞かないので、オーストラリアではNo worries を覚えておくことがマストです!

 

G’day

c43fdf1fed95b1827c395bd7168aa99a_s

photo by photo-ac

意味:こんにちは

この言葉はHelloと同じで挨拶言葉です。なんとなく想像出来るので覚えるのは簡単ですが、問題は発音。

dayをデイと読むのではなくダイと読みます。この言葉だけではなくMonday やweekdaysなどの言葉も全て「day」の読みはダイ。

知っていれば何てことないですが、会話で突然出てくると「マンダイ!?!? なんのこっちゃ!?」となりますよね。

 

Unit

eeae9f803675d12bf8f84c3f0ec50d6d_s

photo by photo-ac

意味:アパート

オーストラリアでは、日本で言うところのアパートをapartmentとは言いません。

Unitは本来「一つの塊、グループ」という意味。それがオーストラリアではアパートを意味します。

ちなみにアメリカ英語は皆さんもご存知のapartment、イギリス英語ではflatを使います。同じ英語でも国によって少し違いますので注意が必要です!

 

Cranky

3c9e112dcc630b19351ab4306a29815e_s

photo by photo-ac

意味:すぐイライラする

こういう名前のお菓子がありそうですが、実際はあまり良くない意味の言葉。

怒りっぽい人、短気な人に対してShe is really cranky girl.などという風に使われます。オーストラリアの若者言葉ですね。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。