ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界最大規模の「屋内ファーム」が誕生。都市部にも新鮮な野菜を!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NYは「フードデザート(食の砂漠)」問題の影響下にあり、新鮮な野菜が手に入りづらくなりつつあると言われています。が、健康志向なニューヨーカーたちのニーズはますます加速。そんな中、屋内農園「エアロファーム」がオープンしたというニュースが話題に。

年間を通して栽培可能!
水の使用も95%削減できる



エアロファームでの栽培には、太陽光や土を一切使わない仕組みを導入しています。専用のプレートの中に苗を植え、栄養たっぷりのミストとLED照明を利用し、徹底管理した環境下で育てます。

垂直型の栽培で
省スペース&大量生産を

このプレートは垂直に重ねて並べられるため、スペースが限られている都心近くでも大量の野菜を栽培できます。収穫量はなんと、同じサイズの屋外農園の75%増。

サラダ用の野菜やケール、ハーブなどを育てる予定で、生産量の見込みは最大で年間200万ポンド(約90万kg)にもなるそうです。

CEOのデヴィッド・ローゼンバーグ氏は、「世界中の都市にこのファームを作ることが我々の使命だ」と語ります。目指しているのはあくまでも新しいインフラを作ること。

20、30、50箇所と、どんどん広めていくことが目標です。

暮らしている地域が生産地から遠ければ、当然新鮮な野菜が手に入りずらくなります。そんな悩みを「エアロファーム」は解決してくれるかもしれません。

Licensed material used with permission by AeroFarms

関連記事リンク(外部サイト)

新しい都市の姿!?NY摩天楼に「キャンプ場」ができちゃうかも

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP