ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あれもこれもはNG? サプリメントに飲み合わせってありますか?

  • ガジェット通信を≫


栄養を補うため、ダイエットのため、とサプリメントを取り入れている人も少なくないかと思います。

先日Doctors Meスタッフの一人が「サプリメントって飲み合わせあるんですか?」と疑問に思っていることを話してくれました。

ということで、今回のテーマは「サプリメントの飲み合わせ」です。Doctors Me薬剤師に話を伺いました。どうやら、医薬品との相性で気をつけたほうがいいこともあるようです。

Q.そもそもサプリメントとは、どのようなものでしょうか。

サプリメントとは栄養補助食品とも呼ばれています。

食品の延長のようなイメージで、薬のように化学的に効果が証明はされていないものです。

Q.サプリメントの飲み合わせで気をつけることはあるのでしょうか。

サプリンメントは栄養を取るために便利なものではあります。

しかし「バランス良くたくさんの種類のサプリメントを摂ればどんどん健康になる」わけではありません。サプリメントはあくまで栄養を「補助」するものです。

ほかにも、成分の重複は注意しましょう。

例えば、ビタミン剤のひとつ”ビタミンA”は摂りすぎると病気の原因となる場合があります。サプリメントのなかでもビタミン剤は手に取りやすく、何種類かを飲まれている方も多いです。名称が全然違うサプリでも、よくよく成分を見ると実は同じ成分が入っていることもあります。

Q.サプリメント同士で飲み合わせが悪いものはあるのでしょうか。

サプリメント同士の飲み合わせで気をつけていただきたいものがあります。

いくつか避けたい組み合わせと理由についてご紹介します。

⚫カルシウムと鉄

同時に摂ると、それぞれの効果が悪影響になり吸収しづらくなります。

⚫ビタミンCと女性ホルモン(更年期障害)系のサプリメント

ビタミンCをたくさん摂ることで、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが代謝される割合が減ってしまいます。エストロゲンの代謝が減ってしまうと更年期障害が悪化するといわれています。同じことがビタミンCと女性ホルモン系サプリメントを一緒に飲むことで起こるため、避けたほうがいいでしょう。

⚫食物繊維と亜鉛

粘着性がある食物繊維は、亜鉛にくっつきます。そして亜鉛の排出を促すので、吸収を妨げてしまいます。

⚫DHAとキトサン

どちらも脂肪燃焼に効果があるといわれています。しかし、同時に摂取するとDHAの栄養素が吸収されないまま排出される場合があります。

Q.飲み合わせが悪いサプリメントと薬はあるのでしょうか。

サプリメントによっては医薬品と同時に摂取することで医薬品の吸収を妨げたり、作用を弱めたりすることもあります。反対に医薬品の作用を強めてしまうことも。

ここでもいくつか避けるべきサプリメントと薬の組み合わせをご紹介します。

●ビタミンAと医薬品

ビタミンAのサプリメントと医薬品を併用した場合、血液凝固作用が増大することがあります。ほかにも、ビタミンA過剰症に似た症状が出たり、頭痛が起こったりすることがあります。

●カリウムとカンゾウ(甘草)

カンゾウ(甘草)は漢方に含まれることの多いものです。他にも強心薬、利尿薬はカンゾウが含まれています。カリウムとカンゾウ(甘草)を摂取すると、カリウムの排泄が促進されて低カリウム血症が起こり、薬の作用が増強される可能性があります。

●ビタミンCと利尿剤

ビタミンCのサプリメントと利尿剤を併用すると、尿路結石が起こりやすくなることもあります。

ビタミンCは体内で代謝され、尿路結石の原因物質となる場合があります。また、水分不足になると尿の濃度が高まるので、結石を起こしやすくなります。

●クロレラと血液凝固防止薬

クロレラは血をサラサラにするビタミンKを含むため、血液凝固防止薬の効き目が弱まる可能性があります。

Q.常用しているサプリメントがある場合、医師に伝えたほうがいいのでしょうか。

必ずお伝えください。

先ほど例に挙げたもの以外にも医薬品に影響を及ぼすサプリメントは存在します。

市販のサプリメントは種類が多く特殊なものも存在するので、医師が名前を聞いただけではどんな成分が入っているかわからない場合も多いと思います。受診するときにサプリメントを持っていき、直接医師に見せることをおすすめします。

最後に薬剤師からアドバイス

サプリメントとは「食品」というよりは、体に影響のある「食品と医薬品の間」のイメージです。

体に優しい「食べ物」の印象を持たれている方も多いですが、体に大きな影響を及ぼす可能性が十分にありうることを念頭に置いてもらえたらと思います。

できることなら、その都度専門家に相談の上で飲まれることをおすすめします。

(監修:Doctors Me 薬剤師)

関連記事リンク(外部サイト)

口内炎を治したい!ビタミン剤はどう摂ればいいの?
カリウム不足で起こる「低カリウム血症」に要注意
ウーロン茶、玄米茶、緑茶…で痩せる!お茶で手軽にダイエット

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP