ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

菅原小春、中国から帰国後すぐ納豆

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜23時30分からの番組「SUGAR WATER」(ナビゲーター:菅原小春)。5月20日のオンエアでは中国で行ったワークショップの話をお届けしました。

相変わらず、大忙しの菅原小春。ゴールデンウィークには9日間にわたり、中国の4カ所でワークショップを開催したそうです。スケジュールは「1日3レッスン・フライト・2レッスン・フライト・3レッスン・フライト・3レッスン」といった具合のハードぶり。

「同じ中国でも、都市によって空気や水や食べ物の新鮮さなどが全然違うんです。ダンサーの踊り方も違ったりして、そういうところがすごく面白いんです」(菅原、以下同)

中国はダンサーの人口が非常に多く、例えば上海だけでも何百ものスタジオがあるそうです。しかも“ウェルカム状態”で迎えてくれて、会場で「Are you ready?」と言うと「ウオーーーー!」と、「なんのライブ?」と思ってしまうくらい、高いテンションで迎えてくれるとのこと。

「グループに分けて踊る時は、日本人だと後ろに行きがちだけど、中国の人はみんな私の目の前に近づいてくるんです。『もうちょっと下がって』って言いたくなるくらいです(笑)」

ワークショップ以外の時間も大充実。ある日は朝から万里の長城で、風を感じたそうです。

「中国のオーガナイザーと仲が良いので、行く度に『一人じゃない』と思わせてくれます。仲間たちには感謝です。もっと自分が成長して、また中国に戻って、新しい自分をみんなとダンスでシェアできて、踊りながら会話ができたらいいなと思います」

と、再び中国でワークショップをすることを誓いました。ちなみに、帰国して家に着くと、食べたかった納豆を食べて横になったそうです。本当にお疲れ様でした。

そして5月8日には、第2弾となるチャリティーワークショップを開催。今回は130名以上の方に参加していただき、合計で44万1,000円の募金が集まり、全額をダンサーのエリツィンさんの復興団体宛に送金したとのことです。

「地元(千葉)でワークショップを開くという形でしかできてなくて…いつか時間を作って、熊本に行きたいと思います。みんなで体を動かして、汗をかくことでみんなの気分がハッピーになったり、ダンスのパワーでみんなの心に光が映えるようなことができたらと思っています。熊本の皆さん、九州の皆さん、待っててください」

とメッセージを送りました。非常に力強い言葉です。私たちも、何かできることから貢献していきたいところです。

【関連サイト】
「SUGAR WATER」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/sugarwater/

菅原小春は「風呂で泣く」…その理由とは(2016年04月16日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1395.html

菅原小春 センターに立てないダンサーへのアドバイス(2016年05月07日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1533.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP