体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「僕を試してみない?」トルコで出会ってドン引きした3人のナンパ師

「僕を試してみない?」トルコで出会ってドン引きした3人のナンパ師

親日国、旅行者に優しい国として知られているトルコ。一方で、「ナンパが多い国」としても有名で、ネット上でも「トルコはナンパがすごい」などと話題になっています。

果たしてどれほどすごいのでしょう?

これまで2回トルコを旅した私が見た、トルコのナンパ事情をお伝えしたいと思います。

 

トルコでモテモテの日本女子

IMG_6707 (1)

Photo by Harubobo

日本人女性がトルコを旅すると、ズバリ!モテます。

特に外国人観光客の多いイスタンブールの旧市街を歩いていると「かわいいね」とか、「一緒に食事に行ってくれないか」など、ひっきりなしに声かけがあります。

トルコにはヨーロッパからの観光客も多いですが、ヨーロッパの女性たちがトルコの男性からナンパをされているのは見たことがありません。あくまでも普通の客引きです。

 

日本人女性がトルコでモテるのは、「落としやすい」と甘く見られているという要因もあるようですが、日本人女性のかわいらしい雰囲気や見た目が魅力的に映るのも要因の一つかも。

日本では特にモテるタイプの女性でなくても、トルコに行けば間違いなくお声がかかるかもしれません。

さて、続いて私が実際に経験したびっくりナンパエピソード3つをご紹介しましょう。

 

「トルコの男を試してみないか?」

RIMG0417

Photo by Harubobo

イスタンブールの旧市街を歩いていたとき、とあるお土産物屋さんの前を通りかかりました。「お茶を飲むだけでもいいからちょっと見ていかない?」と声をかけてきたのは紳士的な若い男性。

高級そうな店構えでしたが、トルコ雑貨を見るのが好きな私は「見るだけ」と思い入ってみることに。
お店に入ると、トルコ旅行のお約束、チャイのおもてなし。

 

店内には声をかけてきた男性以外にも複数の男性スタッフがおり、そのうちの一人がしきりに「食事に行こう」、「僕と付き合おう」などと誘ってくるのです。

「もうパートナーがいるから」と言って断ると、「トルコの男と付き合ったことはあるか?」と聞いてきます。「ない」と答えると、「トルコの男を試してみないか?」と言うのです。

shutterstock_262432661

photo by shutterstock

「婚約者は私にとって最高のパートナーだから必要ない」と返すと、「それはトルコの男を試したことがないからそう思うんだ。僕を試してみたら良さがわかるはず!」となかなか諦めません。

一体その自信はどこから湧いてくるのでしょうか。婚約者がいると聞いても簡単には諦めないガッツにはある意味感心させられました。

日本で増殖していると言われている草食系男子も、少しは見習ってもいいかも!?

 

「婚約者なんて関係ない」

IMG_8593

Photo by Harubobo

トルコ南部のリゾート地、アンタルヤの旧市街を歩いていたときのこと。お土産物屋さんの男性に声をかけられましたが、物価の高い観光地で買い物をする気などなかった私は断りました。

しかし、その男性は「プレゼントがある」と言うのです。男性は40歳過ぎに見えたので、私は単にフレンドリーな人なのだろうと思い、警戒していませんでした。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会