ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

乃木坂46齋藤飛鳥、家で母と「あ〜ん」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜朝6時からの番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が乃木坂46の齋藤飛鳥に英語を教えるこのコーナー。5月21日のオンエアでは、「『それ一口ちょうだい』を英語で何と言うか知りたいです」というメールの紹介からスタート。

「たまに外国人の方とクラブで知り合って『一口ちょうだい』と言いたいことがあるんですが『プリーズ』しか言えず何と言えばいいのかなと思います」と続くこのメールに、ハリーは英語のポイントに行く前に指摘しておきたいところがあるそう。

「気になるのが、外国人の方とクラブで知り合って一口ちょうだい、って何の話!? 何なの? あ、飲み物か? でもお酒飲んでる人にいきなり『一口ちょうだい』ってなかなかのチャレンジャーですよ!?」と関係のないところで興奮気味…。

「一口ちょうだい」は英語では2つ言い方があるらしく、食べ物なのか飲み物なのかで変わるそうです。

まず飲み物の場合は「Can I have a drink?」と言うそうですが、ハリーから齋藤に「これを踏まえて、食べ物の場合はどう言うでしょう?」とクイズを出すと「…eat?」と答える齋藤。しかしこれは不正解で、「食べる」より「噛む」と考えよう! とヒントを出すハリーですが、「噛む」を英語で何と言うか分からない様子の齋藤…。

ハリーは、「結婚式でケーキが出てきました! 切って、それを食べる時に『First ○○』と言います!」とさらにヒントを出しますが、「ファースト…あーん?」と、なんともかわいらしい回答をする齋藤に、ハリーも思わず吹き出していました。

正解は「bite」。ということで、食べ物を一口欲しい時は「Can I have a bite?」と言うそうです。

実は齋藤がとっさに「あーん」と答えたことには理由があるそうで、なんと家ではお母さんにご飯を食べさせてもらっているそうです(!)。しかし「口を開けたら口に運んでくれるんです。口開けて『あ!』って言ったら運んでくれます」(齋藤)と、「あーん」とも言っていないそう。

さらにメンバーの中でも浸透しているらしく、齋藤が口を開けて「あ!」と言ったらお菓子を口に入れてくれるのだとか…。「特に2期生は後輩で、私、先輩なので、逆らえないからくれますね」(齋藤)と、意外なところから乃木坂46内の小さな上下関係も垣間見えました。

【関連サイト】
「POP OF THE WORLD」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

乃木坂46齋藤飛鳥、ハリー杉山の興奮具合に引く(2016年05月08日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/46.html

齋藤飛鳥、好きな洋楽アーティストを聞かれ…(2016年04月30日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1487.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP