体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【第3講】「K+S=Y」で夢は叶う!ロンブー淳が教える、夢を叶えるための方程式。

2016年3月29日、幕張メッセにて、体験型ティーンズフェス「超十代」が開催されました。様々なコーナーやイベントが催される中、ひときわ人気を博していたのが、ロンドンブーツ1号2号のメンバー・田村淳さん(以下、淳)によって開講された「あつし塾」。学校では教えてもらいえない、〝大人になるために大切な物事〟を伝える私塾です。生徒役としてmimmamさん、鈴木優華さんも登壇し、これまで数々の夢を叶えてきて、今でも夢を持ち続けているという淳さんの言葉に、瞳を潤ませる一幕も。その模様を一部お届けいたします! 第3講

先生:田村淳

生徒:mimmam、鈴木優華

夢を叶える方程式「K+S=Y」

淳:2時間目は夢についての授業です。僕が考える「夢を叶える方程式」です。僕はこの方程式のまま、ずっと夢を叶えてきたつもりなんですよ。

Yは「夢」です。Kは「興味」、こんなことやってみたい、なんだろうあれ!って好奇心を持つこと。

そしてSは僕が最も人生で大切にしていること、「失敗」です。興味と失敗をどんどん繰り返していくことで、夢に到達しますよという方程式です。

失敗しないと人間って成長できないんです。いかに失敗を自分の中にデータとして取り入れられるかが大切。野球選手になりたいとか、お花屋さんになりたいとか、いろんな夢があると思うんですが、どれにも共通しているのが「失敗の積み重ねがないと夢に到達しない」ということ。いかに失敗できる場所を人生においてたくさん作れるか、というのが夢の叶え方のポイントです。

失敗は成功の元。どんどん失敗することで、夢に近づいていく。

淳:失敗したなぁ、という経験がある人!

(一人のみ)

淳:そんなに少ない!? だったら、率先して失敗して欲しい。失敗したら怒られるとか、ネガティブな方に行きがちでしょ? だけど失敗の数が多い人ほど、成功する確率がどんどん上がると思います。

失敗をどう捉えるかが大切。「失敗しちゃった! 次の一歩が踏み出せない!」という人はただの失敗で終わるけど、「こうやったら失敗しちゃったから、次どうすれば良いんだろうな」って考えられる人は成功にどんどん近づきます。僕は今までの人生において失敗、失敗の繰り返しでここまで来ています。今ももちろん失敗し続けています。

絶対に無理は絶対にない。夢を口に出して行こう!

1 2次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会