ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

温水洗浄便座購入の中国人が温水どこまで届くか実験

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 家電量販店では、多くの中国人観光客が日の丸家電を「爆買い」している。しかし、後日談を取材すると、日本では考えられないような事態が起きていた。

 中国人観光客に大人気の温水洗浄便座だが、失敗エピソードのオンパレードだ。

「買って帰って気付いたんですが、トイレのそばにコンセントがない。しょうがないから、廊下から延長コードを引っ張ってくることになり、トイレのドアがきちんと閉められなくなった。親類に笑われてしまいました」(広東省の女性)

 中国の一般的な住居では、トイレが浴室にあり、そばに電源がないことが多い。地方では、近所で初めて温水洗浄便座がついた家に人が集まってくるとか。湖南省の男性は、「親類や近所の人に自慢して使ってもらっていたら、義理の兄が尻を洗っている最中に立ち上がって“どこまで温水が届くか”と実験して床をびしょびしょにしてくれました(苦笑)」。

 自慢したくなる気持ちも実験したくなる気持ちもわからなくもないが……。

 やはり人気のお掃除ロボットは、中国の過酷な環境で使われているようだ。福建省の男性が語る。

「先日、突然動かなくなっちゃいました。やっぱり、床に水を流したあとに使ったらマズかったんですかね」

 中国の家庭の床はタイル貼りで、水を流して掃除するケースが多い。さすがにお掃除ロボに“から拭き”させてはいけないだろう。

 さらには、飲食店で床にバラ撒かれたエビの殻や魚の骨を吸わせられる可哀想なお掃除ロボもある。どうやら客への「新製品自慢」が目当てだから、壊れることも気にしないようだ。

 次の“失敗談”は、根が深い問題をはらむ。

「日本でゲームマシンを買ったんです。でも、地元の電気街で売られているコピーソフトを買ったら、使えなくて残念だった。まだ1度もプレイできていません」(広東省の男性)

 中国では、海賊版ソフトに対応した機器が多く出回っている。そのソフトが「正規品のハード」だと使えないというのだ。

 最近は、日の丸家電の現地サポート体制も整ってきている。確かに中国人は爆買いしてくれるありがたいお客様だが、あり得ない使用法についてクレームが来るようなサポートセンターには、少し同情してしまう。

※SAPIO2016年6月号

【関連記事】
ネットに登場の「中国人クズ番付」など中国の民意に迫った本
中国人 日本のティッシュ・黒烏龍茶・ベビースターが好き
家電爆買い中国人 日本製優秀との認識強く高値でネット取引

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP