ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

料理代行サービス 元シェフが作り3時間で8100円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近、家事代行サービスを利用する人が増加している。小学生の娘が2人いる舩木真由美さん(37才)も、共働きのため平日は家事に時間がとれず、疲れがたまった週末に、時折、家事代行サービスを利用している。

「せっかくの休日なのに家事に追われてしまっては心身ともに不健康。家事代行に掃除をお願いしている間にほかの家事ができますし、子供と一緒にゆったりすることもできます。時間を有効に使えて便利です」(舩木さん、以下「」内同)

 彼女が依頼しているのは、首都圏と大阪や兵庫でサービスを行う『CaSy』(以下、カジー)。掃除と同じくらい料理が苦手という彼女は、いつもお願いしているカジーで、料理代行のサービスができると聞き、申し込んだ。

「スマホを使って希望日時を入力して申し込むと、約30分で担当スタッフが決定。その後は、料理や当日用意する材料などを、スタッフとメールで直接やりとりし、土曜の午前中に来てもらって、家族4人分のランチとストック料理を作ってもらうことになりました」

 その間に、部屋の片づけをする予定だというので、当日、舩木家に密着させてもらった。

 カジーの担当スタッフとして訪れたのは、松本伸明さん(29才)だ。持参のトランクにはエプロンや、調理用具がぎっしり。松本さんは銀座のフレンチレストランで4年半の修業経験を持つ元シェフ。今後、食育に力を入れようと、家事代行スタッフの仕事を始めたという。

 事前打ち合わせに沿って、舩木さんが買いそろえた食材を確認。冷蔵庫のストック品や調味料、調理器具の収納場所もしっかりと確認する。

 舩木家はキッチン用品が充実していたので、包丁を含め、キッチンにある道具で調理開始。3つのガス台をフルに使いながら作業。終了後のキッチンは開始前よりピカピカに。

 ランチメニューはリクエストした「オムライス」。ストック料理は、かぼちゃの煮物、鶏の照り焼き、ハンバーグ種など。調理時に天板中央にハンバーグ種を置き、オーブンで約15分焼いて夜のメーン料理に。ミニハンバーグ種は、トマトソースで煮込んで3日目のメーン料理にと分割して食べることができる。

 料理代行サービスを体験した船木さんの感想は? 今回は3時間で8100円を支払った。

「近所のスーパーで買ってきた食材が、お店の味に仕上がるんですから、期待以上でした。作り方を近くで見ながら質問ができたのも収穫。ハンバーグにパン粉をまぶしておくと、肉汁が逃げにくい、と教えてもらったので、これからも参考にしたいと思います。

 この日の夕食は、オーブンで野菜とハンバーグを焼き、シェフ特性のホワイトマスタードソースをかけたもの。短時間でこんなに料理を作ってもらえるなんて、絶対リピートします!」(舩木さん)

 では、料理代行サービスを活用する際の得するポイントと注意事項とはどんなことだろうか?

【得するポイント】
 材料の買い出しも頼める(別途料金)が、自分で選んだ食材や調味料を使って料理してくれるため、安全安心。料理のリクエストもでき、レシピや料理のコツの取得にも役立つ。その日に食べる分だけでなく、ストック料理、下ごしらえ、野菜を切るだけなども対応可。また、冷蔵庫の残りものや食材を活用した即席料理も頼める。

【注意事項】
 味の好みや好き嫌い、アレルギーの有無とともに、誰のための食事なのかも伝えて。食材の準備だけでなく、調味料や鍋、包丁などの調理器具をわかりやすい場所に配しておくと、探す手間が省ける分、料理に専念してもらえる。ストック料理は冷蔵なら3日が目安。1週間分を頼む場合は、保存のため冷凍庫のスペース確保も忘れずに。

※女性セブン2016年6月2日号

【関連記事】
増加中の家事代行サービス その内容や料金、注意点
JAL稲盛和夫氏「コスト削減徹底もサービスの質は下げるな」
自治体の介護サービス 練馬区には高齢者の出張調髪サービス

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。