体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京下町「ただいま」といいたくなる柴又。川風に吹かれて美味いもの

足がむくまま、気の向くままに、日帰りの旅へトコトコ出かけましょうよ。予定なんて立てないで、電車やバスに30分ほど揺られて到着できる旅。こんな良いところがあったのかと、思いがけない発見ができますよ。

今回は、川風に吹かれて、美味しいものを食べられる柴又へ出かけましょうか。

負け知らずの神様「柴又帝釈天」

 
東京葛飾区柴又といえば、「柴又帝釈天」。帝釈天とは仏教を守護する十二の天尊「十二天」のひとりで、古代インド神話では最強の神だそうです。テニスの錦織選手が必勝祈願に訪れました。  

東京下町「ただいま」といいたくなる柴又 川風に吹かれて美味いもの

[柴又帝釈天]

矢切の渡し

川風が心地よい季節。ぜひ乗ってみたい「矢切の渡し」。東京都柴又と千葉県松戸を結ぶ渡し船。松戸側の渡場から歩いて20分程度の場所に「野菊の墓文学碑」があります。

東京下町「ただいま」といいたくなる柴又 川風に吹かれて美味いもの
(C) 2016 Katsushika Tourism Association.

[かつまるガイド]

男はつらいよ

男性にとっては永遠の憧れの「フーテンの寅さん」。ここを訪れたら、寅さん気分に浸れます。

あいつも俺とおんなじ渡り鳥よ 「男はつらいよ」寅さん名ゼリフより

東京下町「ただいま」といいたくなる柴又 川風に吹かれて美味いもの
映画のセット (C) 2015 Kyoritsu Maintenance.

[寅さん記念館]
[松竹映画「男はつらいよ」]

毎月10日は寅さんの日

開運縁日が開催、参道では開運メニュー、商品の販売、寅さん案内人、
帝釈天ではご祈祷、寅さん記念館ではくるまや一家がお出迎え。


[寅さんの日]

柴又ハイカラ横丁

昭和レトロな空間には、数千種類の駄菓子・雑貨等が。懐かしいゲーム機等で遊ぶこともできますよ。

東京下町「ただいま」といいたくなる柴又 川風に吹かれて美味いもの
(C) facebook/柴又ハイカラ横丁

[柴又ハイカラ横丁]

柴又グルメ

下町って、どうしてこう美味しいものがあるのでしょう。絶対食べ逃せない「柴又グルメ」をご紹介。お土産にもどうぞ。

名物草だんご
だんご屋さんがいくつかある中、筆者のお気に入りは「高木屋老舗」。よもぎの香りがふんわり漂う草だんごと粒あんはベストコンビ。

東京下町「ただいま」といいたくなる柴又 川風に吹かれて美味いもの
(C) 高木屋老舗

磯おとめ
刻み海苔を散らした、お醤油味のお団子も美味しいですよ。

東京下町「ただいま」といいたくなる柴又 川風に吹かれて美味いもの
(C) 高木屋老舗

[高木屋老舗]

くず餅
香ばしいきな粉に、たっぷりの黒蜜をかけたくず餅。たまりませんね。くず餅の有名店の中でも、一番好きな店です。

東京下町「ただいま」といいたくなる柴又 川風に吹かれて美味いもの
(C) facebook/株式会社 船橋屋

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。