ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本郵便の「webレター」に「なにこれめちゃ便利」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


インターネットなどのテクノロジーがこれだけ発達しても、請求書や給料明細などの書類を、いまだに「封筒に入れて、切手を貼って、ポストに投函」という方法でやり取りしている人は多いはず。それを一気に簡略化するサービスがネットで話題となっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

話題のサービスは、日本郵便が提供している「webレター」というサービスだ。これは、受取人の住所、氏名、通信文等をウェブ上で入力すると、日本郵便が印字、封入、封かん(封を閉じること)までを行い、普通郵便物として全国に発送するもの。利用登録にはメールアドレス、クレジットカードなどが必要となる。

このサービスは2010年にスタートしたものだが、5月13日あるツイッターユーザーが、

「請求書送るの面倒くさいマンは、郵便局のWebレターってサービスがおすすめ。PDF投げると郵便局が印刷して配達してくれる。信書も可なので請求書とか納品書も大丈夫だよ。白黒1枚なら1通90円代」

とツイートすると、一気にネット上で認知が広まった。PDFのほか、Wordのファイルのアップロードにも対応しており、封筒と切手の準備、封入、封かんの省力化が可能。料金は1通97円からで、普通郵便の82円より若干割高となっている。

上述のツイートで初めてサービスを知った人が非常に多かったようで、ツイッターには、

「便利過ぎないか?? Webレター」
「なんだこのサービス即登録ですやん・・・」
「おー。こんなサービスあったんですね! 平日に郵便局いくのめんどくさいと思っていたのですよね…」
「なにこれめっちゃ便利……こんなサービスがあったとは……」

といった声が寄せられている。なかば埋もれていた“便利なwebサービス”が、1ユーザーの1ツイートで注目されることになった今回の事案。このような出来事もまた、Webの魅力といえそうだ。
(金子則男)
(R25編集部)

日本郵便の「webレター」に「なにこれめちゃ便利」はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

ネットのポスト「全国で運用早く」
年賀状「やめる」宣言する人続出?
「けいおん」切手発売にファン「とうとう切手も趣味に」
SNSを活用した郵送サービス
ネットがない時代の方がよかったことTOP10

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP