ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

わずか2歳ではじめてのバス一人旅!周りの大人たちの協力で見事実現できました

DATE:
  • ガジェット通信を≫

我が家は車での移動がほとんどで、息子が好きなバスや電車を利用することはほとんどありませんでした。

ある日息子に、「今度バスでばあばのおうちまで一人で行ってみたら?」と軽い気持ちで言ってみました。

やんちゃで元気な息子ですが、臆病で恥ずかしがりな面も強い子です。

「一人じゃ行けない」という返事がくると思っていたのですが、「行く!絶対に行くー!」とすっかりその気になってしまいました。 関連記事:「一人でできるもん」と「おしり拭いて」の狭間で。娘の成長はうれしくてさみしい by 丸本チンタ – 赤すぐnet 妊娠・出産・育児 みんなの体験記

ほとんど乗ったこともない高速バスでの、息子の一人旅計画が始まりました。

一度近場のワンマンバスに一緒に乗り予行練習。バスのおもちゃも購入し、息子と二人で何度もイメージトレーニングをしました。

だけど、いくらしっかりしているとはいえ、何かあった時に2歳児ひとりでは無理がありますよね。そこで、普段から息子を可愛がってくれている私の妹にあたる息子の叔母に参上してもらいました。息子はすっかり一人旅するつもりでしたので、息子にばれないように変装して同乗してもらうことにしました。

バス内で何か問題が起こってもすぐに対応できる…これで、心配していた主人からもゴーサインが出ました。

当日バスターミナルまで送る途中、息子はどんどん無言になっていきました。

からかおうとする私に「ぼく、真剣なんだ」と言い放ち、思わず「すいません」と謝ってしまったのを覚えています。

いよいよ乗車です。

運転士さんにはこっそり事情を説明し、笑顔でご協力いただきました。

乗車列の後ろには完全にオーラを消して変装している叔母もスタンバイしていましたが、私は叔母の出番がないことを祈りました。

そして当の息子は「ばあばんち、行ってくるね!」と自信満々に、ついにバスは出発しました。

私はその後気が気ではありませんでした。

約1時間後、心配で30分前からバス停で待っていたという祖母から「無事に元気に到着しました」と連絡がありました。

叔母の出番はなかったようです。

本当にやり遂げたのね!すごいっ!と私は感動して嬉し泣きしてしまいました。

「ママ一緒に行こうよー」と一人では何もできなかった息子が、かなり成長していたのだと痛感させられ、誇らしくてたまりません。

あとで叔母に車中の様子をうかがうと、息子はバスが出発してすぐにリュックからお菓子を取り出し、ガサガサと音を立てずっと食べていたそうです。

また運転士さんの配慮で1番前の席に座らせてもらっていました。そのため、周りの景色がよく見え興味津々で色々眺めて過ごしていたとのこと。

最後に運転士さんにきちんとお礼を言って降りていたと聞き、嬉しく感じました。

バスの中で全く寂しがることもなく自由に過ごしていたのには拍子抜けさせられましたが、「ママ、ぼく泣かなかったよ!平気だったよ!」とさらに自信がついた息子でした。

叔母の同乗を始め、運転士さんの協力や降車バス停での祖母のスタンバイなど、周りの大人のサポートがあって今回バス一人旅を実現できました。

しかし、親の心配をよそに、子どもというものは実に無邪気で想像を超えてくれるものだと、痛感させられた体験でした。

ちなみに、叔母が変装して同乗していたことは息子には気づかれず、息子の中では今でも完全な一人旅を達成したことになっています。 関連記事:寝返りもハイハイもしなかった息子が立った!歩いた!忘れられない最初の一歩 – 赤すぐnet 妊娠・出産・育児 みんなの体験記

著者:mencochan

年齢:30代

子どもの年齢:2歳と4歳

2歳差の自由気ままな男の子と女の子を育てています。怒りっぽい性格なので、”日頃から平常心・怒る前に深呼吸”を心がけて育児をしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

成長を感じて母、胸熱!”いろんな角度”から未来の姿を垣間見たキッザニア体験 by たかはしみき
「母一人子一人」にならない!平日昼間にママ&ベビーで乗車するときの小ワザ
ベビーカーのマナー問題。自分が使う立場になってわかること、それでも気をつけたいこと

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP