ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【稼げる資格のプロがおすすめ!】相続税UPでますますニーズ拡大「相続診断士」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「新しい人生を切り開きたい!そのために何か資格が欲しい!」、そんなあなた。それなら、今後もニーズの高まりが予想され食いっぱぐれにくい資格を目指してみませんか?

というわけで、「稼げる資格」編集長を務める資格の専門家・乾喜一郎さんに、おすすめの資格をピックアップしてもらいました。

今回は、「相続診断士」をご紹介。注目の理由から取得のためのポイント、永く稼げるためのコツまで、 一気にお教えします。

乾 喜一郎(いぬい きいちろう)

医療や会計の定番国家資格から、知る人ぞ知る手に職系資格まで、600以上の資格に精通する、資格専門誌「稼げる資格」編集長。

また、就職・転職・進学など、20年以上にわたって一貫してキャリアに関する分野に関わり、これまで記事で取り扱ったライフヒストリーは4000例以上にのぼる。資格取得後の活用法にも知見が深い。

文部科学省「社会人学び直しプログラム委員会」委員。

GCDF-Japanキャリアカウンセラー資格取得。

相続にまつわる悩みを解決する道先案内人。

悩みや心配事に応じて専門家に橋渡しします

「稼げる資格」編集長の注目ポイント

2015年に基礎控除が減額されるなど、半世紀ぶりに課税強化された相続税。長年減税の方向での改訂が続き「自分たちには関係ない」と考えている人が多かったため、今回の改正では、そうした人たちが、いきなりトラブルに巻き込まれる可能性が高いのです。そうした少額資産の案件をカバーする相続診断士は、金融・不動産業界のみならず、個人を対象とした幅広い業界で専門家として活躍する機会が増えると予測できます。

どう稼ぐ?

生命保険を扱う金融業界や、土地・建物を扱う不動産業界などを中心に広い分野で活用できる。また、相続税を扱う会計事務所や士業事務所の担当者、葬儀社などでも取得する人が増えている。一般常識的な知識として修得すれば自分の相続に役立つ。

どう学ぶ?

相談診断協会が発行するテキストとDVDで学ぶ。自宅学習のため自分のペースで学べる。試験は、全国197ヵ所(16年2月現在)の会場で受けられるWEB試験で、試験終了とともに合否判定が出る。合格者はコンプライアンス関連の誓約書を提出し、認定される。

どんな資格?

相続診断士は、相続に関する問題を理解し「相続」が「争族」にならないように相談内容に応じて弁護士や税理士などの専門家に橋渡しを行う。相続に関するトラブルを未然に防ぐ「道先案内人」を養成すべく創設された。

主催団体

一般社団法人 相続診断協会

受験資格

制限はない。試験に合格した後、コンプライアンス関連の誓約書を提出。その後に認定される

目安となる取得期間

1ヵ月~

いかかでしたか?あなたにとって「相続診断士」は、新しい人生を切り開けそうな資格でしたか?

更に、この資格を取得した人が実際にどう稼いでいるかを知りたい方は、現在発売中の『稼げる資格2016』に掲載されている活用実例インタビューをチェック!

構成/文 ケイマナニュース!編集部

※この記事は2016年2月時点での情報を基に作成しています。

関連記事リンク(外部サイト)

【稼げる資格のプロがおすすめ!】人々の体力づくりのサポートを通し、健康を指導「体力指導士」
【稼げる資格のプロがおすすめ!】国家資格化でますます注目「キャリアコンサルタント」
【稼げる資格のプロがおすすめ!】独立、起業も目指せる新しいリラクゼーション技法「フーレセラピスト」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP