ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

遊牧民にも出会える!草原の国モンゴルの魅力とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

成田から約5時間のフライトで行くことができる草原の国モンゴル。たくさんの人を惹きつけるこの国の魅力とは、一体何なのでしょうか?

遊牧民の生活

モンゴルでは現在も、遊牧の生活をしている人たちがいます。Mayuさんはそんな遊牧民の方のところでホームステイをしたそうです。非常に貴重な体験をされており、遊牧民の人たちの生活を垣間見ることができます。

Mayu「Homestay in Nomad’s house

遊牧民の生活その2

Eika Ayasakiさんも遊牧民の生活を紹介しています。上記のMayuさんの記事もそうですが、非常に興味深いので、ぜひチェックしてみてください。

Eika Akasaki「【モンゴル】突撃!隣の遊牧民。近所のゲルを馬に乗って尋ねてみた。

大草原での乗馬

モンゴルでは乗馬を楽しむことができます。それもなんと大草原で!上の旅行記と同じ作成者のEika Ayasakiさんは、そんなモンゴルでの乗馬体験を紹介してくれています。

Eika Akasaki「【モンゴル】大感動!!360度の大草原を馬に乗って自由に駆け巡る。」

大都市ウランバートル

意外かもしれませんが、首都のウランバートルは草原の国のイメージとは違って大都会です。Maho Tsukuiさんの記事では、そんな大都市ウランバートルと自然の広がる地方との対比が興味深く表現されています。

Maho Tsukui「田舎と都市の違いに驚きっぱなしのモンゴル」

モンゴルへ行く前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP