ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

明治のサイコロキャラメル販売終了 数学者が「涙の訴え」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 明治が3月末で「サイコロキャラメル」の全国販売を終了したとのニュースが、波紋を呼んでいる。発売から89年の歴史を持つサイコロキャラメルは、サイコロのデザインの紙箱の中にキャラメルが入っており、食べた後に遊べるお菓子として人気を博した。その販売終了を嘆き、存続を強く訴えるのが桜美林大学教授で理学博士の芳沢光雄さんだ。

 過去にAKB48選抜メンバーを決定する「じゃんけん大会」で、確率論から総選挙ベスト16が選抜入りする人数期待値を的中させるなど、遊びと融合させた数学を得意とする芳沢さんは、今こそサイコロキャラメルが必要だと強く訴える。芳沢さんが、目に涙を溜めて訴えた思いとは――。

 * * *
 今、子供や若者の空間図形の認識がとても弱くなっていて、技術立国日本の将来が危ぶまれています。いわゆる「ゆとり教育」などの影響で、中学校、高校での空間図形に関する学びの量が減ったことの弊害です。

 また、昔ながらの積み木やプラモデル、あや取り、知恵の輪、折り紙、戸外でのボール遊びといった空間的な遊びがものすごく減って、テレビゲームや昨今のスマホゲームによって、子供の遊びが極めて平面的になってきています。ゲームの画像は、仮に空間的に見える3D画像であっても見ている部分は平面です。空間認識能力が育たないと、いろいろな物を作る力が弱くなります。この問題の影響は、様々なところに出ています。

 私は近年、小学生がちょっとした階段でつまずいてひっくり返ったなどの理解に苦しむ話をよく耳にして、子供たちの空間図形の認識が相当弱くなっていることを懸念していました。追い打ちをかけたのが、2010年の全国学力テストです。中学3年生の数学で、立方体の2つの面の上に引いた対角線mとnの長さを図入りで比べさせ、「mがnより長い」「nがmより長い」「同じ」「どちらとも言えない」の4つから選ぶ問題がありました。私はこの問題を見て、日本の子供をばかにしていると思ったんです。ところが全員満点だと思って結果を見たら、正解の「同じ」と答えたのは55.7%です。愕然としました。44万人が受けた試験で、しかも幼稚園生や小学生ではなく中3ですよ。これは危機的な状況です。

 サイコロキャラメルを食べて遊んだ経験があるなら、「同じ」を選ぶでしょう。それで私は、全国の教育研修会や出前授業に行くたびに、サイコロキャラメルを使って空間図形の認識を育む重要性を訴えています。先生方も、子供たちにサイコロキャラメルを見せて立方体を学ばせると探してくれていたんです。それが生産終了では、涙が出ます。実際に、明治の窓口に電話をしてその重要性を訴えたほどです。

 サイコロキャラメルにはいろいろなメリットがあります。まず美味しく食べて、サイコロで確率的な遊びもできる。この種の手を使う遊び自体も減っていますが、一番重要なのは、包装紙を分解して図形の展開図を学べること。要するに生活に密着した、遊びや生きる教材なんです。数学は数学、勉強は勉強と、遊びや生活と切り離して考える教育は芳しくない。今この複雑な社会は、日本特有の縦割りと専門性だけではだめで、いろいろと物事を結びつけて考えていくリベラルアーツの発想が必要です。これは、日本がこの先発展していく上で解決すべき問題の一つだと思います。有名企業の信用を無くす問題が続いていますが、一から技術立国日本を本気になって再建するために、教育から考えなくてはいけないところに来ているんです。

 明治維新からまもない頃、東京大学工学部の前身である工部大学校がジョン・ペリーという英国の応用数学者を招きました。彼が学生たちに身をもって教えた「測量と立体幾何学を多く教授すべき」という空間図形を重視する教育は、日本の精密な測量技術など技術立国の日本の礎を作り、それは脈々と流れています。彼が「多く教授すべき」と言った空間図形は、先に紹介した昔ながらの立体的な知育玩具が土台となっていると言えます。

 大学の教員を38年間やって、約1万4千人を指導していろんな学生を見てきましたが、図形的なセンスは、小さい頃に空間的な遊びをよくやってきた人の方がはるかに強いんです。まず見取り図や空間的な絵を描くのがうまい。小さいときにこういう遊びをやったことがない人は、見取り図を描くセンスがあまりなく、明らかに表れています。

 技術力が落ちれば、これから他国にどんどんとって代わられていくでしょう。例えばこの先、円安が円高に進行して物を作る競争力が落ちる時代を迎える時には、他国に強く勝つための競争力が必要です。お金を動かして株や為替取引で儲けるだけで日本が豊かになるはずがありません。工業製品にしろ農業製品にしろ、物を作らなきゃだめなんです。特に資源のない日本は、人材が資源です。戦後の日本は、しっかりとした教育が土台にあって、世界に貢献できる様々な良いものを作って発展してきました。その土台が、空間図形の教育をおろそかにして崩れそうになっている危機的状況を迎えているのです。

 空間図形は、ものすごく難しい。ですから見やすくするために展開図によって、空間を平面に落としたりしています。切断図や投影図などもそのためです。そうやって空間を認識する力を育む一つとして、サイコロキャラメルは大切な教材なんです。立方体の展開図が何通りできるかを試したって面白いでしょう。これだけいろいろな教育効果があるなんて、安くて最高の教材ですよ。高い教材がいい教材だと勘違いしている人が多く、残念でなりません。

 空間的認識の低下の影響は、企業にも当然現れます。空間的能力を保つために、技術系のメーカーでは社員をしっかり教育する必要があります。技術立国日本の将来が危ぶまれる中、一年間かけて新入社員に空間図形のセンスを育む教育を徹底的に行っている企業の一つが、日本を代表するトヨタ自動車の母体である豊田自動織機です。私も現場を何回か見学し、教育のために昔の機械を動くようにしている姿を見て、技術立国日本を崩壊させてなるものかという信念を強く感じました。この流れから考えても、明治には大切な使命がこのキャラメルにあると思います。これに代わるものはありません。どうか明治には踏みとどまってほしいと願っています。

 * * *
 明治は、サイコロキャラメルの全国販売を終了する理由を「販売不振」としている。芳沢氏の訴えを受けて、改めて明治にコメントを求めると、3月をもって終売しているとした上で、「1927年の発売以来、永らくご愛顧いただき誠にありがとうございました」とのみ回答している。

【芳沢光雄(よしざわ・みつお)】
東京理科大学理学部教授を経て、現在、桜美林大学リベラルアーツ学群教授(同志社大学理工学部数理システム学科講師)。理学博士。著書に『論理的に考え、書く力』(光文社新書)や『新体系 高校数学の教科書 上・下』(講談社ブルーバックス)などがある。

【関連記事】
小堺一機長男・翔太アナ 授業で出たサイコロトラウマだった
暴君ハバネロ、チロル…定番お菓子にハロウィンバージョン
【キャラビズム】環境問題論じる先進国会議 環境破壊者の集い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP