ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

利権や規制による矛盾も? 高須院長が薬物規制に持論

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。5月17日から清原和博被告の覚醒剤事件に関する公判が始まったということで、今回は薬物問題についてお話をうかがいました。

 * * *
──5月17日に清原和博被告の覚醒剤事件の裁判が始まりました。検察側の求刑は2年6か月で判決は31日に出ます。本人は起訴内容を認め「薬物に負けてしまった」と語ったそうです。そこで、今回はその薬物の問題についてお話をお聞きしたいと思います。

高須:清原被告って薬物依存治療で入院してたんだっけ?

──はい、そのようですね。

高須:まあでも、覚醒剤依存の治療は難しいって言われているけど、個人的にはそうでもないんじゃないかって思ってるんだよ。

──どういうことでしょうか?

高須:だって、僕が子供の頃は薬局でヒロポンが合法的に売られていたわけで、ヒロポン中毒者なんてザラにいたんだから。今に比べれば、モルヒネ中毒者だって珍しくなかったよ。

──たしかにそうですね。

高須:昔は高須病院に、「とにかく痛いからモルヒネを打ってくれ」っていう患者さんがたくさん来ていたものだよ。でも、僕のおばあさんも親父も、モルヒネは打たなかった。それを見ていた幼い僕は、「あんなに痛がっているのに、かわいそう…」って思ってたけど、医者としてはモルヒネ中毒者を追い返していたわけだ。

──そういう中毒者はどうなったんですか?

高須:いなくなったね。…というのは、死んじゃったということではなくて、モルヒネが手に入らなくなって、ヒロポンも違法になったことで、みんな物理的に薬物と切り離された。そしたら、みんな結果的に中毒を克服できたんだと思う。薬物中毒は医学的な治療が難しいということよりも、物理的に手に入らなくすることが何よりも重要だっていうことだね。

──どうしたら、物理的に手に入らなくできるのでしょうか?

高須:完全に薬物を根絶するっていうことも世の中が本気になれば不可能ではないと思う。でも、実際にはそうならないのが社会っていうやつだからね。薬物で商売をしている裏社会の人たちもいるし、表の社会でも“薬物反対キャンペーン”みたいなものがあるから生活ができているような人もいるわけでしょう。ある意味、薬物があるおかげで、非合法組織だけじゃなく、カタギの世界にも“利権”が生まれちゃってるのかもね。これはもう仕方ないことだろうけど。

──いろんな意味で、薬物と社会が共存してしまっているというか…。

高須:それは良くないことなんだけど、それが現実だっていうことだね。うーん、難しい…。

 あとは、薬物の影響を弱めるという意味では、オランダみたいにある程度のドラッグを認めて、共存を受け入れてしまうという方法もあるにはある。ソフトドラッグを解禁して、国がコントロールできれば、裏社会がのさばるのをセーブすることにもなるし。禁酒法時代にマフィアが勢力を拡大したのと同じで、違法薬物があるから非合法組織が潤うわけだから。あと、禁酒法がなくなったからといって、アルコール依存症患者が劇的に増えたわけでもないっていうこともあるんだよね。ちゃんとコントロールさえできていれば、中毒者を増やさないことも可能かもしれない。

 まあでも、ドラッグ解禁論は、あくまでも「そういう可能性もあるかも」っていうレベルの話だよ。現実的にはさすがに難しいだろうな。

──たしかに、今の日本でドラッグを解禁するというのは、あまり現実味がないですよね。

高須:でも、そもそもの話をすると、どんな薬も最初は普通に使っていたものが多いんだけどね。もちろん危険性などを知らずに使っていたケースもあって、法律は後からついてくるっていう。スポーツ界のドーピングなんかもそうだよ。ちょっと前にテニスのシャラポアが禁止薬物を使っていたって話題になってたけど、あれだってもともとは禁止されてなかったんでしょ?

──「メルドニウム」という薬物ですね。2016年1月に禁止リスト入りしました。それまでシャラポアは10年にわたって医師から処方されていたそうです。

高須:もちろん理由があって規制するわけだけど、それでもやっぱり「これまでの10年はなんだったんだ?」ってなるよね。ある意味、薬物の規制は難しい点も多い。薬物の危険性をしっかり把握して取り締まるのは当然なんだけど、薬物だって使い方次第では悪いことばかりではない。規制による弊害も多いんだよ。

 たとえば、日本ではモルヒネの取り締まりがかなり厳しいから、使うのが面倒くさいって感じてしまうお医者さんも少なくないんだよ。世界的にはがん患者にモルヒネを使うことは珍しくないけど、日本ではどうも最小限度の使用にとどめようという医者が多い。

 それこそ、末期がん患者にちゃんとモルヒネを使って痛みを和らげてあげることは、まったくネガティブなことではないと思うし、患者さんにとってもいいことだと思う。残り少ない人生を激しい痛みとともに過ごすことは本当に辛いだろうからね。なのに、法的な煩わしさが理由で、モルヒネが使われないっていうのは、ちょっと違うんじゃないかなって思う部分もある。

 これからも新しい薬はどんどん開発されていくんだから、いろんな規制が生まれてくると思う。でも、古くなってしまった法律や、現実に即していない厳しすぎる法律に関しては、しっかり見直す必要もあるだろうね。

──その一方で、中毒者を生み出さないために、物理的に入手できないようするための規制も必要なわけで、とても難しい問題ですね。

高須:そうなんだよ。だから、本当は国や警察がもっとしっかりコントロールする必要があるんだけど、そこも結局、いろんな“利権”がジャマをしているのかもな。

 * * *
 薬物に関する持論を展開した高須院長。たしかに、法律が現実とフィットしていないせいで“逆効果”となっている可能性も否定できない。これまでの基準や取り締まり方を改めて見直すことも必要と言えそうだ。

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)など。最新刊は『ダーリンは70歳・高須帝国の逆襲』(5月25日発売予定 小学館)


【関連記事】
様々な薬物の歴史・正しい知識をやさしく解説する書籍が登場
トヨタ役員輸入の薬物 米で社会問題化の乱用実態とその効果
ASKA逮捕で関係者「著名ミュージシャンへ捜査進めたい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP