ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初LCC8社の大連合が結成!近いうちにLCC版の世界一周航空券が作られるかも…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バニラエアを含むアジア太平洋地域の大手LCC8社は5月16日、世界初のLCCアライアンスとなる「バリューアライアンス」を設立したことを発表しました。

大手LCC8社による航空アライアンスは、東南アジア・北東アジア・オーストラリア間での利用者のメリット向上をはかるのが目的で、皆様により便利で快適な旅行を提供してくれます。

 

バリューアライアンスって?何がすごいの?

photo by value-alliance

アライアンスとは連合という意味で、各国の航空会社が協力体制をとり旅行者にとって便利なサービスを提供してくれます。

航空会社のアライアンスで有名なのは ワンワールド スカイチーム スターアライアンス。世界の大手航空会社のほとんどが、これらのいずれかに加盟しています。

 

アライアンスが出来たことで、共同運航便(コードシェア便)、 チェックインカウンターや空港ラウンジなどの相互利用、マイレージの相互提携によって同じアライアンスであればマイルを共通で貯めること出来たりと良いことづくめ!

ワンワールドやスターアライアンスでは同一のアライアンス内で自由に使える、世界一周航空券なども作られています。

今までLCCはそれぞれが孤立しており、アライアンスがまだありませんでした。しかしこれからはLCC同士で手を取り合って、安さをそのまま、より便利で快適な旅を提供してくれます。

 

LCCアライアンス8社でアジア、オーストラリア全域をカバー

photo by value-alliance.com

バリューアライアンスの加盟航空会社は、バニラエア、セブパシフィック航空、チェジュ航空、ノックエア、ノックスクート、スクート、タイガーエア・シンガポール、タイガーエア・オーストラリアの8社。

バリューアライアンスは、加盟航空会社が持つ路線ネットワークを活かし、東南アジア、北東アジア、オーストラリア間での160以上の就航地へ174機を用いて、乗り継ぎ旅程におけるルート、ご利用便、運賃を分かりやすくお客様にご提案してくれます。

 

格安で便利になり世界がぐっと近づく!

バリューアライアンスの加盟各社は、市場において高い評価を得ており、それぞれの地域におけるLCC業界のリーダー的存在です。

各社が共に協力することにより、いずれかの加盟航空会社のウェブサイトを経由し、専用のサイトで出発地、最終目的地を指定するだけで、バリューアライアンスの路線ネットワークの中から乗り継ぎルート、利用便、最適な運賃を選択し、直行便と同じような快適さで予約、決済ができるようになります。

 

またバニラエアは、2020年までに東南アジアも視野に入れた積極的な国際線の路線拡大を展望しており、路線拡大に加え、今回のアライアンス加盟による国際線におけるレジャー・リゾート旅のサービス拡大で、選ばれるLCCを目指しています。

 

まとめ

今回のニュースはかなり大きな出来事で、今後の航空業界に旋風を巻き起こすかもしれません。LCCの普及で海外に行くハードルは金銭面でグンと下がり、一昔前では考えられないくらいの値段で行くことが出来ます。

さらに日本のパスポートならほとんどの国にビザなしで行くことができ、これほど海を渡るのが容易な国は、他に無いと思います。ぜひ若いうちに海外へ渡り、沢山チャレンジしてほしいです。

他にもLCCのアライアンスができ、世界中をカバーするようになれば、格安の世界一周航空券ができる日も近いかもしれません!

近い将来、いったいくらで世界一周できるようになるのだろうか。そんな将来に備えて、今のうちから英語の勉強を一緒に頑張りませんか?

世界へ飛び立ちたい方にはコチラの記事がおすすめです
【5/28~7/9】自分らしい世界一周をデザインしよう!世界一周ゼミ 第二期募集開始!
便利で簡単!すぐにLCCを探せるサイト・アプリまとめ
日本国内でLCCを使うなら、この4社のサイトをブックマークしよう!
Yes/Noだけの会話やめません?サラッと言えたら便利な英会話フレーズ16個

関連記事リンク(外部サイト)

仕事終わりにそのまま羽田へ!社会人必見の「羽田空港発の深夜便」まとめ
日本国内でLCCを使うなら、この4社のサイトをブックマークしよう!
両替所の場所とレートをマップに一覧表示するアプリ「Get4x」が登場
【ご報告】観光庁から表彰して頂きました。TABIPPOをたちあげて3年。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP