ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本はこう思われていた!?各国のステレオタイプをGoogle予測変換から調査。驚きの結果が・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米・ラトガース大学で、東アジアの歴史を研究するニック・カプール教授が、Google検索する時に表示される「予測変換」を用いて、各国のステレオタイプを調査!マップにそれぞれの言葉を配置した画像が話題になっています。

中には「?」が浮かぶものがありますが、まずは6,500RTを超えて話題になった、日本人がヨーロッパ諸国についてどんなイメージを持っているのかを見てみましょう。その逆、日本がどう思われているのかも要チェックです。

日本人から見た欧州各国は…

ロシア「巨大」、ノルウェー「刑務所がラグジュアリー」、スコットランド「自立したい」、チェコ共和国「無宗教」、ハンガリー「ラード」、フランス「肥満がいない」、セルビア「テニスが上手い」、イタリア「マフィア」、ギリシャ「経済破綻」、ブルガリア「ヨーグルト」。

ストレートにフムフムと思えるところもあれば、ほかにもっとあるでしょ!と突っ込みを入れたくなる部分も。

では、反対に日本はどう思われているのでしょうか?

日本人は〇〇!
ヨーロッパから見た日本って?

長生き、寿司、細目、女の子が華奢、子どもが泣かない、床で寝る、地震が多いなどなど。トルコとフィンランドは、親近感を感じてくれていると見えてちょっとほっこりします。中にはこんな意見があるのかと驚くものもチラホラ。

友だちと話すとイメージに個人差があって面白いかもしれませんね。試してみては?

Q.マップについて、どう感じた?
わかる。
思ってたのと違う。

Licensed material used with permission by Nick Kapur

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP