ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

横浜で「イームズ展」開催! イームズチェアと日本の家具デザインの関わりを探る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

研究者による講演や記念のフォトブースも

2016年5月24日(火)から5月27日(金)まで、神奈川・横浜の「横浜港大さん橋 国際客船ターミナル2階出入国ロビー」にて「横浜で、チャールズ&レイ・イームズを想う~近代家具デザインの巨匠が日本に与えた影響~」展が開催されます。

チャールズ&レイ・イームズ夫妻の作品と、そのデザインに影響を受けた国内メーカーのプロダクトを無料で観覧できる企画展です。

イームズ夫妻は成型合板やFRP(繊維強化プラスチック)など当時の先端素材を用い、生産性、実用性、美しさを備えた椅子を世に送り出しました。多くの後続デザイナーたちがイームズ夫妻から大きな影響を受けており、ここ日本でも数多くのプロダクトが生まれています。

本展ではイームズ夫妻とつながりの深いHerman Miller(ハーマンミラー)の協力を得て、イームズ夫妻の作品、その解説と映像を展示するほか、国内の関連作品も併せて紹介。2016年5月28日(土)には、研究者による講演も予定されています。

また、会場ではイームズの椅子と記念撮影できるフォトブースも登場。希望者には写真をパノラマ印刷して後日郵送してくれるサービスも用意されています。

展示は2016年5月27日(金)まで、講演は会期終了翌日の2016年5月28日(土)となっていますので参加予定の方はお間違え無いようお気をつけください。 横浜で、チャールズ&レイ・イームズを想う~近代家具デザインの巨匠が日本に与えた影響~

会期:2016年5月24日(火)~5月28日(土)

会場:横浜港大さん橋 国際客船ターミナル2階出入国ロビー / 横浜市中区海岸通1-1-4

入場料:無料

▽プログラム イームズの椅子と記念写真撮影

仕様:パノラマ印刷(新聞の横幅3枚分の縦写真)

お届け:4週間以内に郵送

料金:1500円

講演会

日時:2016年5月28日(土) 12:45開場

場所:横浜情報文化センター6階 情文ホール / 横浜市中区日本大通11番地

入場料:無料

定員:200名

予約:http://www.kagu-np.com/

プログラム:

13:00~:特別公演「ルネサンス人間 チャールズ・イームズーEames Eyeおよび日本への影響ー」

講師:寺原芳彦 武蔵野美術大学名誉教授

14:00~:チャールズ&レイ・イームズ監督作品の映画上映

14:30~:作品解説「イームズデザインの日本での需要と、その具体的製品化例」

15:00~:座談会「わが社の商品とイームズの関係」

司会:加納浩志 家具新聞社取締役編集長

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

鈴木マサルのテキスタイル展、 代官山の2会場で開催
アレッシィの掛時計&置き時計を一堂に展示「ALL AROUND THE CLOCK」開催中
Boseのオーディオ × キタニの北欧家具! 貴重な初期モデルも登場

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。