ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ZenFone Go TVで日本の地デジが視聴できるのかをチェック。ついでに技適も取得済みだと判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外のスマートフォンでは珍しくテレビチューナーを搭載し、日本の地デジも視聴できる Android スマートフォン「ZenFone Go TV」を入手したので、早速、日本のテレビが観られるのかを確認してみました。ZenFone Go TV には、Sony のモバイルデバイス向けデジタルテレビチューナー「SMT-EW100」が搭載されており、スペックシートには日本も対応していると記載されています。現在は台湾でしか販売されていませんが、現地では 5,400 台湾ドル(約 19,000 円)というかなり安い価格で販売されています。結論から言うと、通常のテレビと同じチャンネル数を受信し、各チャンネルを安定した画質で視聴できました。実用性は高いと言えます。ZenFone Go TV でテレビを視聴するには「SoloTV」というプリインストールアプリを利用します。このアプリには視聴機能しかないので、録画やデータ受信はできません。ここ沖縄では 5 チャンネル(NHK 2 チャンネル、RBC、OAB、OTV)が配信されています。ZenFone Go TV では全てのチャンネルをスキャン処理で取得しました。ZenFone Go TV にはパッケージにアンテナケーブルが同梱されています。これをヘッドホンジャックに装着すると電波を受信します。市販の 3.5mm オーディオケーブルでも電波を受信しますが、しょっちゅう映像が途切れます。アンテナケーブルの方は逆です.映像はほぼ途切れずに通常のテレビ並みの滑らかで視聴できました。ちなみに、ZenFone Go TV には技適マークも表示されます。

■関連記事
Google、2016年の「Google Playアワード」を発表、ポケとるスマホ版やクラッシュロワイヤルなどが10アプリが受賞
上海問屋、プラスチック素材のゴーグル型VRヘッドセット「DN-13780」を発売
Android N Developer Preview 3でクイック設定ツールに開発者向けの新ツールが追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP