ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

はじめまして。スリムな「電動アシスト付き」自転車です

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「Ampler Hawk」の見た目に驚かされた。

普通の自転車と見分けがつかない




「Ampler Bikes」によれば、その重さは14kg。出力は250W。最大時速35kmまでアシスト可能で、音は静かとのこと。一度の充電で走れる距離は平均60〜70kmで、最大100kmまで走行できる。

フレーム内に電子機器が詰まっており、シートチューブに電源ボタンと充電用のソケットがある。どちらも目立たない。充電プラグは悪天候に強く、マグネットタイプだから差し込みもラク。フル充電するまでには3時間ほどかかる。

出力や最大時速、アシストの度合いはアプリで設定可能。

2016年8月に配送開始予定

「INDIEGOGO」で資金を募っており、すでに目標金額は達成した。残念ながら、日本への配送はしていないが、ヨーロッパ、ノルウェー、スイス、アメリカ、カナダからなら、「Hawk」は1台2,190ドル(送料込み・約24万円)で事前予約できる(2016年5月20日時点)。

そのほか、クラシックなビジュアルの「Bilberry」は、重さ17kg、9段階のギア付きで、価格は1,990ドル(約21万9,000円)。

すでに多くのメディアがコメントしているように、将来的に多くの自転車がこうなるのではないかーー、と考えさせられるシロモノ。そのほか「INDIEGOGO」には掲載されていない上位モデルが公式ホームページで見られる。

実際に乗っている様子は動画でチェックしてみよう。

Licensed material used with permission by Ampler Bikes

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP