ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビースティ・ボーイズのオリジナルメンバー、ジョン・ベリーが死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ビースティ・ボーイズのオリジナルメンバーだったジョン・ベリーが5月19日に亡くなった。52歳だった。

 ローリング・ストーン誌の報道によると、ベリーはマサチューセッツ州ダンバースにあるホスピスで午前7時30分に旅立ったとのこと。同誌はベリーの父親、ジョン・ベリー3世に確認をとっており、父親いわく、彼は前頭葉型認知症に侵されていて最近、容体が悪化していたそうだ。

 ベリーは1981年にマイケル・ダイヤモンド(マイクD)、アダム・ヤウク(MCA)、ケイト・シェレンバウムとともにニューヨークのハードコア・シーンでビースティ・ボーイズを結成し、同バンドでギターを弾き始めた。ビースティ・ボーイズでの彼の功績として、グループ初の活動でオーディエンスを前にしたパフォーマンスを自身のアパートメントで主催している。

 ビースティ・ボーイズが2012年にロックの殿堂入りをした際、アダム・ヤウクが書いたスピーチをアダム・ホロヴィッツ(アドロック)が読んだが、そこでは、ベリーと「俺たちの初パフォーマンスの間にジョンの親父が“もうそのクソみたいなのを止めないか!?”と叫びにきた」100thストリート&ブロードウェイにある彼の屋根裏へ感謝の意を表した。

 ベリーは1982年後半にリリースしたバンド初の7インチEP『Polly Wog Stew』に参加後、ビースティ・ボーイズを初めに脱退し、そのすぐ後にシェレンバウムも続いた。この2人の代わりにホロヴィッツが加わり、お馴染みのラインナップが揃うことになった。

 ローリング・ストーン誌では、ベリーはビースティ・ボーイズの他にもEven Worse、Big Fat Love、Highway Stars、Bourbon Deluxeなどのメンバーだったと伝えている。

関連記事リンク(外部サイト)

■パブリック・エナミー■ ビースティー・ボーイズのMCAの死にチャック・Dが涙のコメント
■ガンズ・アンド・ローゼズ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ■ ついに“ロックの殿堂入り”を果たす
■ガンズ・アンド・ローゼズ■ ロックの殿堂入り式典開催迫る

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP