ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テニスコーツ、Awesome City Clubとも縁のあるharineko 2nd EP+PHOTOZINE『Sweet Sorrow.』リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年に1stフルアルバム『roOt』を発表したharinekoが、2016年7月20日に2nd EP+PHOTOZINE 『Sweet Sorrow.』をリリースする。

 harinekoは2013年、シンガーソングライター・SaChiのソロプロジェクトとして始動。同年1stミニアルバム『とうきょう』、テニスコーツの植野隆司を迎えた1st EP『ハローさよなら』を、2014年には豪華メンバー参加の1stフルアルバム『roOt.』を発表し、数多くのミュージシャンをバックメンバーに集い活動を行ってきた。

 今作『Sweet Sorrow.』は、“ハリネコ”から表記も新たにした現在のharinekoを“ポップ”という軸で繋ぎ、多様な音楽性を感じつつも聴く人をまっすぐ導いていくキャッチーでナチュラルな楽曲群に、SaChiが持つポップスへの敬意を感じることができる作品。CD+PHOTOZINEというパッケージ作品となっており、バンドメンバーには、畠山健嗣(H Mountains/g)、(nenem、ayutthaya/b)、とがしひろき(サンガツ、ELMER/dr)が参加している。

 PHOTOZINEの構成・撮影は、2014年に初作『plastic spoon』を出版、国内外のランウェイ・ストリート撮影など幅広い活躍を見せる写真家・齋藤一平が担当。そしてZINE、MVの出演には、若い世代から絶大な人気を誇るモデル・女優の夏目志乃を迎えた。ヘアメイクではSuchmos、never young beach、SANABAGUNなどを担当するヘアスタイリスト・DAIKI(OOO YY)が、ZINEのデザインにはグラフィック・エディトリアルデザイナーの宮崎希沙が参加している。また、PHOTOZINEの空気感を見事に表現したMVは、Lowland jazz、毛玉のMVをも手掛けた映像作家・奥田侑史が監督した。

 そしてこの発表と同時に、今作のリードトラックとなる「mornin.」のトレイラー(https://youtu.be/gIRwODbEZZ4)が公開となり、Awesome City Clubをはじめとする多数のアーティストからコメントも到着した。

 7月29日には、下北沢SHELTERにてレコ発イベントを開催。こちらのチケットについては『Sweet Sorrow.』特設ページ内(http://bit.ly/1ONCBOF)にて先行予約受付がスタートしている。

◎2nd EP+PHOTOZINE『Sweet Sorrow.』
2016/07/20 RELEASE
2000 円+税 HRK-002

◎atagi(Awesome City Club)-コメント
ものすごいノスタルジー。
僕、この作品は一人の時間を愛する人にこそ、聴いて欲しいと思った。
柔らかく形を変える生活にこそ、いつかの愛の歌を。

◎モリシー(Awesome City Club)-コメント
悲しいことがあった日に、珈琲を飲んで外を眺めて、このCDを流したら、
悲しいことも少し許せる気がする。
そっと僕たちに寄り添ってくれる、はかない今日を終わらせてくれる4曲です。

◎レコ発【harineko 2nd EP+PHOTOZINE『Sweet Sorrow.』Release Party】
2016年7月29日(金)下北沢SHELTER
出演者:harineko / and more
前売:2,500円(税込)+1D
当日:3,000円(税込)+1D

関連記事リンク(外部サイト)

Awesome City Club ニューALの収録曲詳細&ジャケ写公開
新世代ポップアイコン宅録女子・ラブリーサマーちゃん USロック風新曲の360°MV公開
水曜日のカンパネラが新アルバム『UMA』発売&【未確認ツアー】開催決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP