ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

疑惑噴出の舛添要一東京都知事が定例記者会見 「厳しい第三者の目で……」を繰り返すのみ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

5月13日に行われた、舛添要一都知事の定例会見。
政治資金規正法違反疑惑などさまざまな問題が指摘されていた舛添知事、説明を行ったものの納得した人は少なかった模様である。

「あなたは舛添要一都知事の説明に納得しましたか?」 週刊文春が会見後に緊急アンケート!
http://getnews.jp/archives/1459487[リンク]

という記事でお伝えした『週刊文春』のアンケート結果が5月19日発売の同誌に掲載されていたが、回答のあった1567人中「はい」(納得した)はわずか2.5%(39人)で、「いいえ」(納得できない)が97.5%(1528人)という圧倒的な結果だった模様である。わずかな「はい」の中には、

舛添には都知事の自覚も責任もない、無責任でケチで地位を利用することしか考えない最低の男だと納得した(六十代男性)

という皮肉の回答もあったとのこと。
(週刊文春5月26日号より)

13日の会見後も、連日のようにさまざまな疑惑が噴出し報じられていた舛添都知事、5月20日の定例記者会見でも釈明に追われることとなった。

《政治資金疑惑》舛添要一 東京都知事 定例記者会見 生中継
http://live.nicovideo.jp/watch/lv263537551[リンク]


長時間に及んだ会見、さまざまな質問が飛ぶも

「弁護士に依頼し厳しい第三者の目で精査して貰う」

という旨の回答をひたすら繰り返すのみ。中継していたフジテレビ系『直撃LIVE グッディ!』や日本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』の出演者も一様にうんざりしていた模様で、『ミヤネ屋』の宮根誠司さんは天気予報のコーナー時に「厳しい第三者の目でみた天気予報」と皮肉る始末。

もしも、先週同様「説明に納得しましたか?」というアンケートをとったならば、「はい」(納得した)は2.5%よりさらに低い数字になるのではと思われる次第である。

※画像は『niconico』より引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。