ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キャンプ場のためのAirbnb!全米28万カ所のキャンプ場を網羅する「Hipcamp」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キャンプは、現代人にとって、自然とふれあいながらゆったりと過ごすことができる、貴重な非日常のひとときだ。

調査レポート「American Camper Report(2014年版)」によると、米国では、2013年にキャンプをした人が、6歳以上人口の14%にあたる4,010万人。キャンプ場まで180マイル(約290キロ)以上の距離を移動し、平均14.9日間、滞在しているという。

しかし、キャンプ場の情報は、国定公園から民営のキャンプ場、牧場や農場まで、運営主体ごとに散在しており、条件や好みに合うキャンプ場を探すには、相応の時間と手間を要する。

・キャンプ場探しをシンプル化する“キャンプ場のためのAirbnb”

「Hipcamp(ヒップキャンプ)」は、全米28万カ所以上のキャンプ場を網羅するオンラインプラットフォーム。

キャンプ場を簡単に探せるよう、エリアや設備、目玉スポット、アウトドアアクティビティなどの条件をもとに情報を絞り込め、一部のキャンプ場には、直接、オンラインで予約することもできる。

また、遊休地などをキャンプ場として活用したいオーナーがその情報を投稿できる機能を備えているのも特徴。

米国では、私有地が国土の約6割を占め、そのほとんどが遊休地だが、自然環境を保護し、土地を適切に管理するためには、一定の費用がかかる。

「Hipcamp」では、そのための資金源として、遊休地をキャンプ場として活用することが有効との考えから、“キャンプ場に特化したAirbnb”のような役割を自ら担おうとしている。

・利用者、オーナー、自然環境の“三方よし”を実現

「Hipcamp」は、キャンプ場の利用者とオーナーを効率的につなぎ、ヒトと自然をより近く結びつけることで、利用者とオーナーと自然環境の“三方よし”を実現している点が秀逸だ。

Hipcamp

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP