ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

酒飲まないことが自慢の男「金余って家建てた」と自画自賛

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人それぞれいろいろな自慢があるが、周囲の人々にとっては面倒くさい自慢も少なくない。山形県のつけもの工場勤務のHさん(70才)は、夫のどうでもいい自慢に困っているという。

 * * *
 これといって人に誇れることがない夫のたったひとつの自慢は、お酒を飲まないこと。温泉地のカラオケに行ったりすると「ま、一杯」って言われるじゃない。そうすると夫は、「オレは飲まないんだ」とキッパリ。そこでやめておけばいいのに、「うちの家系は親父もジイさんも、そのまたジイさんも、お酒は一滴も飲まないから」って威張るのよ。

 お酒が好きな人は面白くないから「じゃあ、お金残って蔵が建つね」とかあてこすりを言うわよ。夫がバカなのはその後。

「今どきだから蔵は建てないけど、家は建てたぞ。自分の家はもちろん、長男の家も建ててやったんだ」って見ず知らずの人相手に延々と。

 鼻の穴を広げて話すダンナのバカ面を見たくないから、人が集まるところでは別行動よ。

※女性セブン2016年6月2日号

【関連記事】
休肝日を作る酒飲みは48% ならどうやって作ればいい?
新年断酒宣言男「鹿児島では酒=焼酎」と言い張り日本酒党に
年賀状自慢男 定年後年賀状激減で息子に「いい人脈築けよ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。