ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

低反発枕なのに肩が凝る?! 正しい枕の選び方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一時期流行った低反発枕。今でも使用している人が多いかもしれませんね。低反発枕はメリットもありますが、なんと肩が凝りやすくなるというデメリットもあるんです。あなたにあった枕とはどんな枕でしょうか? 枕を選ぶポイントをご紹介します。

低反発と高反発の違い

低反発はその名の通り、物体を乗せても反発(押し返す力)が弱く、やわらかく沈み込んでいきます。重みのまま沈み、元の形状に戻るのもゆっくり。体にフィットするような感覚があり、これが心地よいと感じるのです。これに対し高反発は弾力性があり、物体を乗せてもふわっと押し返してきます。重みがなくなるとすぐに元の形状に戻ります。耐圧を分散するので体を乗せても楽だと感じることが多いようです。

低反発のメリットとデメリット

低反発枕は頭がゆっくり沈み込んで自分頭の形にフィットするので、首への負担が少ないと言われ、包み込まれるような感覚で眠ることができます。価格も安いものが多く、種類も豊富なので選びやすいというメリットがあります。その反面、一度沈んでフィットすると動きにくいことから、同じ姿勢を長時間し続けることで首や肩の筋肉の緊張を引き起こしやすくなるのです。低反発枕の素材は硬めのウレタンが多く、通気性はあまり良いとは言えないため蒸れやすいというデメリットもあります。

正しい枕の選び方

まず、体に負担をかけない正しい枕のあてかたを覚えておきましょう。枕の大きさは、頭を乗せた時に枕と肩があたるくらいのもの。首筋と後頭部が枕で支えられている状態が正しい枕のあてかたです。人は睡眠中にかなりの数の寝返りをします。そのため、枕も適度に変形(反発)して寝返りがしやすいほうが体の負担になりません。睡眠中は汗をかくので、通気性が良いことも必要。最近注目されている高反発の枕は、寝返りがしやすいので肩こり防止に向いていて、睡眠の質も上がると言われていますが、価格が高めなのが悩むところ。低反発の枕でも、いくつかの層になっていて寝返りしやすいものもあるので、実際にあててみて選ぶことをおすすめします。

枕に頭を乗せている時間は意外と長いもの。頻繁に買い替えることも少ないので、奮発して良いものを長く使うのもアリだと思います。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP