体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おすすめアメリカ料理12選!移民から伝わった食文化の歴史

おすすめアメリカ料理12選!移民から伝わった食文化の歴史
Photo credit: KANA「【アメリカ・アイオワ州】ロードトリップの旅3日間。アメリカングルメ&大自然」

Photo credit: KANA「【アメリカ・アイオワ州】ロードトリップの旅3日間。アメリカングルメ&大自然」

こんにちは。Compathy MagazineライターのOkkAです。
海外に行ったときに楽しみなのが、その国を代表する料理を食べることではないでしょうか?
体格の良いアメリカ人が普段から食べているだけあって、アメリカにはダイナミックな料理が多くあります。日本にも多くのアメリカ料理が伝わってきていますが、本場のアメリカ料理は日本で食べるよりも味が濃くてボリュームがあり、まるで別の料理のようです!
今回はアメリカのエスニック料理(母国料理)が確立していった歴史と共に、厳選した12品のアメリカ料理を紹介したいと思います。

アメリカの食文化

Katz’s Delicatessen by shinya, on Flickr
“Katz’s Delicatessen” (CC) by  shinya 

アメリカ料理の成り立ち

移民国家のアメリカでは、ヨーロッパやアジアなど様々な国の人たちが移民してきたため、アメリカ先住民の食文化と様々な国の食文化が混ざりながら発展していきました。そのためアメリカ料理は牛肉、魚介、果物、豆類、乳製品など多種多様な食材を使用したものがたくさんあります。
昔のアメリカは広大な土地の割に人口が少なかったため、少ない人数で効率よく生産ができるようにオートメーション化が進みました。それによって冷凍食品や缶詰、加工食品の生産が発達していったようです。
その結果、これらの食材を使用したハンバーガーやフライドチキン、ホットドッグなどが代表的なアメリカ料理になっていきました。

移民によって入ってきたエスニックフードの数々
18世紀頃からスペイン、フランス、メキシコなど様々な国の人たちが母国の食べ物を持込みました。初めこそ、見慣れぬ食べ物は受け入れられませんでしたが、次第に受け入れられるようになっていきます。そして各国の食文化がミックスされ、アメリカの食文化は多様になっていきました。
アメリカ原住民がワインを飲むようになり、イギリス人がとうもろこしを食べるなど、各国の食文化を楽しむようになります。そして様々な食生活が送れるアメリカ独自の発展していきました。

移民の食生活による健康の悪化

しかし、食生活の多様化が進む一方で母国の慣習にとらわれ、栄養バランスの偏った食生活やアルコールを多量摂取するなど不健全な食生活をする移民も少なくありませんでした。その結果、生まれた子供たちが虚弱体質になっていると言われていました。
移民の持ち込んだ食生活を改善することがアメリカ国民にとって必要不可欠とされていました。

健康に良いニュー・イングランド料理

移民の食生活を危惧した家政学者たちはニュー・イングランド農村部で食べられている、栄養バランスの良い質素な伝統料理に注目しました。具体的な食材としては魚、コーンマッシュ、はまぐり、ベイクドビーンズなどです。
これらの食生活を広めようと学校の教室や地域の料理教室でキャンペーンを行い、正しいとされる食生活を推奨していきました。

法律によるエスニック料理の規制

移民の食べ物の販売を規制して、エスニック料理の拡大を抑えようとする学者もいました。そのための口実とされたのが衛生面の向上です。1906年に「純正食品・薬品法」という法律が制定され、エスニック食品の販売が大きく規制されました。
また、ドイツ、アイルランド、イタリアなどの飲酒大国からの移民による飲酒文化の拡大を懸念し、1920年に「禁酒法」が制定されました。

1 2 3 4 5次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy