体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【博多】都会のド真中で和菓子一筋85年! 福岡の老若男女が愛する、つきたての「豆大福」は味わうべし!

f:id:mesitsu_lb:20160314122549j:plain

いつの時代も同じリズムで、ずっと変わらない笑顔とお気に入りのあの商品を提供してくれる……、そんな心の中のナンバーワンが誰の心にもありますよね。もう何十年もそのお店だけ時が止まったような佇まいで、懐かしさと温かさに包まれたお店。福岡の繁華街にも、そんな老舗があります。

アパレルショップやお洒落な飲食店が建ち並ぶ、「紺屋町商店街」の中にある「駒屋」。なんと昭和6年(1931年)創業の和菓子屋さんです。

f:id:mesitsu_lb:20160314122557j:plain

「駒屋」がある大名エリアは、福岡の中心地・天神から徒歩5分圏内の場所。碁盤の目状に小さな通りが広がっていて、そこにファッション&インテリアのショップやジュエリーブティック、ビューティサロン、カフェ、飲食店などが軒を連ね、若者が多く集まるカルチャー発信地。この街の歴史は深く、「大名お堀通り」「雁林町通り」「養巴町小路」などといった名称の通りがある中で、「駒屋」があるのは最もメジャーな「紺屋町通り」というストリート。その通りの「紺屋町商店街」は今日も若者から年配客まで、さまざまな人が行き交い、賑わっています。

f:id:mesitsu_lb:20160314122607j:plain f:id:mesitsu_lb:20160314122616j:plain

それでは、駒屋までの道のりをご案内。天神の「西通り」から「紺屋町東通り」へ曲がり、突き当たりを左折したところに発見! 緑の看板が目印の「駒屋」がありました!

f:id:mesitsu_lb:20160314122622j:plain

昔ながらの佇まいは、移り変わりが激しい都心のオアシス的存在。昭和6年創業以来、ずっとこの場所で和菓子を作り続けており、飾られた表札のフォントにも歴史を感じます。

f:id:mesitsu_lb:20160314122630j:plain f:id:mesitsu_lb:20160314122637j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。