ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Aimer、Taka・TK・野田洋次郎らが楽曲提供・プロデュースするシングルを2カ月連続リリース決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Aimerが、シングル「ninelie」の発売からまもない本日、はやくも次作のリリースを発表した。

Aimerの次作は2016年7月、8月の2カ月連続リリースを予定しており、なんと、ONE OK ROCKのボーカリストTaka、凛として時雨のボーカリスト&ギタリストのTK、RADWIMPSのボーカリスト&ギタリストの野田洋次郎らが、楽曲提供・プロデュースなどで参加することが決定しているという。

7月6日に発売となる通算10枚目のシングルは、ONE OK ROCKのTakaが楽曲提供&プロデュースを手掛けた「insane dream」と、凛として時雨のTKが楽曲提供&プロデュースを手掛けた「us」を収録した両A面シングルとなっている。「insane dream」はTakaのディレクションの下、ロサンゼルスにてレコーディングされた1曲で、Takaはコーラスにも参加。存在感のある二人のボーカルが絡み合う、エモーショナルかつ重厚な1曲となっている。

一方、TKが手掛けた「us」はベーシックのレコーディングをベルリンで行い、ドラマーのBOBOなど、TK from 凛として時雨名義の作品でおなじみのミュージシャン陣が参加。繊細かつドラマティックに展開される、TKらしさ満載の楽曲となっている。

続く8月にリリース予定の通算11枚目のシングルでは、表題曲をRADWIMPSの野田洋次郎が楽曲提供&プロデュースを担当。こちらの詳細は後日発表となる予定。

Taka、TK、野田洋次郎という日本のロックシーンを牽引する3名が、Aimerの歌声を使って、いったいどんな“音”を奏でるのか、新たな展開を見せるAimerに注目が集まっている。

Taka(ONE OK ROCK)コメント

彼女の声を初めて聞いて感動したあの日からこの楽曲提供にいたるまでの間、2人で何度も試行錯誤して話し合い、セッションをして一緒に作り上げました。このレコーディング中、彼女の歌い手としての才能に何度も驚かされながら、そしてAimerにとっても新たなチャレンジをしている楽曲になったと思います。

ただ単純にこの素晴らしいアーティストがもっとこれから世の中の人に届いて欲しいという気持ちから生まれたセッションでしたが僕自身もいい刺激を貰える素晴らしい時間でした!

TK(凛として時雨)コメント
声からメロディが生まれ、言葉が引き寄せられていく様な不思議な魔法を持ったAimer。まるで行き先を知っているかの様なその声に少しだけ地図を書き足して、見たことも無い場所に辿り着いてしまいました。自分の中にある、鳴らせなかった音への扉を開けてくれてありがとう。たくさんの人に届きます様に。

野田洋次郎(RADWIMPS)コメント

Aimerの声をはじめて耳にしたのはもう3、4年前だと思います。たまたま知り合いからCDをもらって。声だけで、この人のことなんか好きだなと思ってしまった。レコーディング中は彼女の声を何度も聞くことができて幸せでした。そして大切なこの曲をAimerに歌ってもらえて、嬉しかった。Aimer、ありがとう。

リリース情報
2016年7月6日発売
シングル「insane dream / us」

初回生産限定盤(CD+DVD)SECL-1934~1935 1,620円(税込)

通常盤 SECL-1936 1,350円(税込)
CD収録内容:
M1 insane dream ※Taka(ONE OK ROCK)楽曲提供・プロデュース・コーラス参加
M2 us ※TK (凛として時雨)楽曲提供・プロデュース
M3 tone

※初回生産限定盤
DVD:「insane dream」MUSIC VIDEO収録

関連リンク

Aimer 公式サイトhttp://www.aimer-web.jp/
Aimer 公式twitterhttp://twitter.com/Aimer_and_staff

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP