ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Daydream対応アプリをテストできるのは現在のところNexus 6Pのみ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 18 日にモバイルデバイス向けの VR プラットフォーム「Daydream」を発表し、同日より対応アプリを開発できるようにしていますが、現在のところアプリをテストできるのは Android N Developer Preview 3 を搭載した Nexus 6P だけとなっていることが分かりました。Daydream の正式リリース時期は「今秋」ですが、既に Android N Developer Preview SDK では、対応アプリの開発を開始できるようになっています。アプリのテスト環境を構築するには、スマートフォンとコントローラーが必要で、このうち、スマートフォンは現在のところ Nexus 6P のみということです。また、テストを行うにはモーションコントロール機能を備えた Daydream コントローラーが必要になっているのですが、発売されていません。しかし、Android スマートフォンを Daydream コントローラーにするエミュレーターアプリが提供されており、他のスマートフォンとの Wi-Fi 接続でテスト中にアプリを操作することができます。Google は下記のリンク先で、デモアプリ「DaydreamPaint」と他のスマートフォンをワイヤレスコントローラーとして利用できるようにするエミューレーターアプリを提供しています。Source : Google

■関連記事
Sony Smart B-Trainerと「ソネトレ」が連携可能に
Android Nの自動システムアップデートは既存のNexusでは利用できない
Google、モバイルアプリ開発者向けの認定プログラムを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP