ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新たな育児ハラスメント「パタハラ」ってなに?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


育児に関するハラスメントとして、「マタハラ(マタニティ・ハラスメント)」は有名ですが、男性に対するハラスメントがあるということをご存知でしょうか? ここ数年、新たに「パタハラ」という言葉が話題になっているのです。イクメンを悩ませるパタハラとはいったい? パタハラについて調べました。

【もっと大きな画像や図表を見る】

● パタハラとは?

パタハラは、「パタニティ・ハラスメント」の略語。男性に対するハラスメントのひとつで、”父親としての役割を果たそうとする男性への嫌がらせ”を意味します。
妊娠・出産を控えた女性に対する「マタハラ」の男性版と考えると、わかりやすいかもしれません。マタハラ同様、おもに職場で起きやすいのだとか。

●パタハラの具体例は…

男性の育休取得など、男性が積極的に育児に参加できるようにという動きが高まっています。しかし、いまだに受け入れられないこともあるのが現状で、以下のようなパタハラが増えているそうです。

・男性社員に対して、会社が定める子育て支援制度の利用を認めない
・子育て中の男性社員に、「育児は女性の仕事」など差別的な発言をする
・「育休をとると、キャリアに影響する」「正当な理由なく、プロジェクトから外す」など、脅迫や嫌がらせをする
・不当な評価で給与減給

パタハラの原因として、「子育て観の違い」が挙げられるのだとか。たしかに昔は、「男が稼いで、女は家庭を」という考えがありました。今の上司世代がまさにその年代であり、いまだにその考えから抜け出せていないことが、影響しているのかもしれません。

●男性の時短勤務は負担増?

ネット上で、実際にパタハラ被害にあった人の体験談がありました。ひとつ紹介します。

3歳と生後1カ月の息子2人のパパであるAさん。とても子煩悩で、育児にも積極的。ママが体調を崩してしまい、会社に時短勤務を申請したそう。しかし、上司から出された条件は、「仕事のノルマはクリアすること」。仕事量は変わらないので、勤務時間が短くなった分、深夜に仕事をしないと終わりません。子どもたちの夕飯とお風呂が終わると、再び会社へ。結局、深夜2時頃に帰ってきて、また朝8時に仕事に行く毎日。さらに、時短勤務中は残業代が認められず、タダ働きせざるを得ない状況だったそうです…。

男性の育児参加を促進するためには、個人だけでなく、会社全体で意識改革する必要があるようです。また、パタハラは男性だけの問題ではありません。理解してあげる、話を聞いてあげるなど、ママの協力も必要不可欠。男女の隔たりなく、誰もが育児に積極的に参加できる仕組みが、一刻も早く確立されることを願うばかりです。
(文・明日陽樹/考務店)

記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

新たな育児ハラスメント「パタハラ」ってなに?はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

世の“なんちゃってイクメン“。その特徴は?
夫の転勤についていくメリット&デメリット
「ダンナが嫌い」、そのきっかけは?
女性にマタハラされやすい人の傾向
女性からの「マタハラ」が多いワケ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。