ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

桂歌丸の妻 夫の最後の『笑点』出演日は初めて観に行くかも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 50年間出演し続けた『笑点』(日本テレビ系)を5月22日をもって卒業する5代目大喜利司会の桂歌丸(79才)。その妻である冨士子さん(84才)は、最近の歌丸についてこう話す。

「朝がね、用がないときはお昼頃まで寝ているんですけど、食事を作ってもやっぱり食べられないんです。夜はきちんと食べますよ。蕎麦が好きですね。あとは、そうね、天ぷらも好きですよ。私が揚げてね。出来たてであれば揚げ物も食べるんですよ。よく友達には、“油が飛んじゃって大変でしょ?”って言われるんですけどね。でもね、お父さんが“かき揚げが好き”って言うと、やっぱりかき揚げをきちんと作ってあげたいのよ。油は跳ねますよ。だけど、それぐらい平気ですよ。それでお父さんが食べてくれるんだから」

 この10年、歌丸は病との闘いの日々だった。2006年、腰部脊柱管狭窄症の手術をかわきりに、2009年には肺気腫に伴う感染増悪で入院。2014年に慢性閉塞性肺疾患、2015年には背部褥瘡(じょくそう)でまたまた入院した。

 そんななかで歌丸は、仕事を辞めようと真剣に悩んでいた。そんな夫に、冨士子さんは「いつ辞めてもいいんだけど、でもただボーっとしていてもつまらないんじゃないの」と発破をかけた。

「だってお父さんは好きでやっている仕事ですからね。私がやりなさいって言ってやっている仕事じゃないですからね。他に何かできるわけじゃないですし。落語しかできないから。病気はつらかったでしょうけど、でも落語が好きだからね。本当に好きなんですよ。

だっていまだにね、新しいネタも本から円朝全集やなんかね、こんなに厚い本を(と10cmくらい指を広げて)読んでやってるんですよ。毎日のように暇があれば(自宅の)3階に上がって自分でやっていますよ。新しいものを覚えているんですよ。でも昔みたいに新しいのをさっと覚えることはできないんですって。もう年だからね、あはははは」

 今回、卒業するという決断を、歌丸は冨士子さんにどんなふうに伝えたのか?

「もう50年も出ているわけですから。若い人に譲らなくっちゃって。若い人が育っていかないとダメだからなって。お父さんがどけば、また若い人が入るでしょう。そうしないとダメだってね。だからね、私もそれでいいんじゃないかなって思ったんですよ」

 歌丸にとって最後の『笑点』出演となる5月22日、冨士子さんはどうやって夫を送り出すのか? これまで一度も『笑点』を見に行ったことがないという彼女にたずねると、「いや、その日はね。出かけることになっていて」と言う。これまで二人三脚で支えあってきたふたりのことを考えると、少し冷たい言葉にも感じたが、その真意はまったく違うところにあった。

「いや、一緒にお父さんと(笑点に)行っちゃうかもしれないし。やっぱり最後ですから…一度はね」

 それまで下町っ子らしく、豪快に笑いながら、はつらつとした滑舌のいいしゃべりだったのに、このときばかりはしんみりと目を伏せた。「当日は泣いてしまうかもしれませんね」と記者が声をかけると、再び笑顔を見せた。

「あはははは。どうだかね。鬼嫁の目にも涙って書かれちゃうかしらねぇ」

 カミさんは家にいるもの。夫の職場には一切来ない──。結婚生活59年、冨士子さんはそんな“夫婦の掟”を初めて破る。優しくて、あったかい夫婦愛に、座布団1枚!

※女性セブン2016年6月2日号

【関連記事】
桂歌丸が幼少時代や噺家人生や趣味などを軽妙に記した半生記
『笑点』関係者が桂歌丸の現在の状況を声を潜めて語る
歌丸引退後の笑点司会 66才の円楽は若すぎと80代ファン

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP