ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ステーキを焼く時「ひっくり返すのは一回だけ」は間違いだった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ステーキ肉など分厚いお肉を焼くときはひっくり返すのは1回」という定説を耳にしたことはありませんか。焼肉屋さんでも日々繰り広げられる肉奉行たちの「触らないで!まだひっくり返さないで!」の攻防戦。

しかし、その常識もルールも、ことステーキ肉においては、正解とは言い切れません。

今回はひっくり返す回数を重ねてこそ美味しくなる、ステーキ肉の新常識を紹介。肉好きこそぜひ一度お試しを!

「30秒焼いたらひっくり返す」
その理由は?

中心に向かってムラなく火が通るーーというのが、ひっくり返す最大の理由です。片側だけが生焼けになることなく、ジューシーでやわらかに仕上がるわけです。

もちろん、肉の厚さにもよりますが、何度も無闇にひっくり返すのではなく、目安となるのは「30秒」という時間です。コレ、下のレシピで具体的に紹介しますね。

本当に美味しい
ステーキ肉の焼き方

【材料:1人分】
ステーキ肉    1枚
塩こしょう    適量
オリーブオイル  適量

【作り方】
①ステーキ肉を室温に戻す。
②フライパンにオリーブオイルを引いて強火で熱する。
③ステーキ肉を入れ、30秒焼いたらひっくり返す。これを2分間くり反す。
④アルミホイルで包み、20分おく。
⑤塩こしょうをふる。

ステーキ肉のg数や厚さ、コンロの火加減などが、微妙に関係してくるとはいえ、上記の焼き方がひとつの指標になります。

ひっくり返すことを恐れずに(?)、しっかりと焼けば、香ばしく、肉汁をたっぷり含んでいてとってもジューシーなステーキが完成しますよ。

焼色の見た目もゴージャスなステーキは、週末のご褒美ごはんにもぴったり!ぜひ試してみて。

フードクリエイティブファクトリー
「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。