体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スッキリ暮らす[5] 片づけの第一歩は心の整理から、佐原美和さん

スッキリ暮らす[5] 片づけの第一歩は心の整理から、佐原美和さん

「片づけたいのに片づけられない」という相談を数多く受けている整理収納アドバイザーの佐原美和さん。佐原さんが、心理学の観点を取り入れた独自の整理収納メソッドを用いて行うアドバイスは、今まで片づけられなかった人でも「心の整理ができれば部屋は片づけられるようになる」と好評だそう。心理的なアプローチで片づけについて考えるポイントを伺いました。【連載】モノを減らしてスッキリ暮らす

「2016年こそはすっきりした家で暮らしたい!」「4月の新生活に向けて片づけよう!」——年末や年頭に、そう心に期した人は多いのではないでしょうか? 家がすっきりしない最大の原因は『物が部屋の広さに対して必要以上に多いこと』。自分の物の適正量を知って、余分な物を手放せばよいのですが、「もったいないから捨てられない」となかなか実践が進まないのも実情です。そこでこの連載では、スッキリライフを送っている方々に、物の所有欲から解放された心の変遷や処分の実践方法についてうかがいます。物を減らして「今年こそ!」を実現させましょう。

「物を片づけるには、まず心の整理が必要です」

佐原美和さんは、片づけのプロである整理収納アドバイザーとして活動するなかで、顧客の方々の「いつか使うかもしれないと思って捨てられない」「もったいなくて捨てられない」「片づけたいけれど、やる気がでない」という声を幾度となく聞くうちに、「人は心の整理ができない間は片づけられないのではないか。片づけに一番必要なのは収納術の知識やテクニックではなく、心の整理なのだ」ということに気づいたそうです。

人は家にあるすべての物に大なり小なりさまざまな思い入れがあり、「使っていないけど捨てられない」と思う心があります。だから、それらを片づける必要が生じたら、まず心を整理して臨まなければなりません。自分を動かすのは自分の心次第だからです。

「『2年間、着ていない服は手放しましょう』『使っていない物は手放しましょう』といった片づけの方法論やテクニックがありますが、実際にそれを行動に移せる人は意外と少ないんです。本当に心が望んでいなければ、片づけられないのは当然のことなのです」

心の整理方法を学ぶために佐原さんが出合ったのは「アドラー心理学」でした。

アドラー心理学とは、オーストリア人心理学者アルフレッド・アドラーが提唱する理論体系で、人が社会生活を送るうえで問題があった際に活用できる心理学のことです。アドラー心理学を対話形式で紹介した『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)が大ヒットしたことで聞き覚えのある人もいるかもしれません。

佐原さんは、「片づけができないという問題をアドラー心理学を通して考えてみると、片づけがはかどるようになりますよ」とほほ笑みます。【画像1】「自分の気持ちに気づいてあげられるのは、自分自身でしかありません」(写真撮影:トヨサキジュン)

【画像1】「自分の気持ちに気づいてあげられるのは、自分自身でしかありません」(写真撮影:トヨサキジュン)

「片づけたいのに片づかないのは、そのほうが都合がよいから」

では、アドラー心理学で心を整理するには、どう考えれば良いのでしょうか。

一般的に、物事は「原因論」(物事には原因があるから今の結果があるという考え)で見ることが多いのですが、アドラー心理学では「目的論」で考えるそうです。

人がある行動をしたのは「そうすることが自分のためになる」と判断したためで、「自分のためになること」こそがその人の「目的」だと考えます。だから、片づかないのは「片づかないでいるほうが自分のためになる」と判断したから、ということになります。

つまり、「今の状態でいるのは、目的がそうさせているから」です。

例えば、「淋しいから心に空いた穴を物で埋める」という目的を無意識のうちに持っている場合、心では「物が多いことが自分のためになる。片づかないほうが都合が良い」と判断して、片づけを行動に移せないでいるのです。

ほかにも、無意識のうちに持っている「目的」を見てみましょう。

「時間がないから片づかない」

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy