体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

末期患者から看護師が学んだ、人が死ぬ前に後悔する5つのこと

自分の命が終わりを迎えるとき、できれば幸せな人生だったと思いたいですよね。なかなか簡単ではないと思いますが、できればその最期に向けベストを尽くして毎日を過ごしていきたいものです。

末期の患者から学ぶ・・・人が死ぬ前に後悔する5つのこと

そこで今回はBronnie Ware著『The Top Five Regrets of The Dying』や彼女のブログ『REGRETS OF THE DYING』をもとに、人生の最後に人が感じる深い後悔をまとめます。

上述の本やブログの著者は、末期の患者を多く看取ってきた看護師。彼女が患者たちとの触れ合いの中で学んだ、多くの人に共通する人生の悔いがまとめられています。

1:自分の人生を生きる勇気を持ちたかった

末期の患者から学ぶ・・・人が死ぬ前に後悔する5つのこと

≪I wish I’d had the courage to live a life true to myself, not the life others expected of me.≫(REGRETS OF THE DYINGより引用)

自分の人生を生きていると、胸を張って言えますか? 親の期待、上司の期待、世間の常識ばかり気にして生きている人は少なくないと思います。

「もっとこうやって生きていきたい」「本当はこうしたいんだ!」という夢を口にするためには勇気が要りますし、その通り行動するには、もっと大きな勇気が必要です。

しかし、人生は一回きり。誰かが望むような生き方ではなく自分の選んだ道を歩まないと、最期に心からの満足は得られないのかもしれませんね。

2:もっと熱心に働けばよかった

末期の患者から学ぶ・・・人が死ぬ前に後悔する5つのこと

≪I wish I didn’t work so hard.≫(REGRETS OF THE DYINGより引用)

大人になって学生時代を振り返ると、「もっと勉強をしておけば良かった」と思いませんか? 

同じように定年を迎え仕事から離れて、望んでも働けない年齢や体になったとき、「もっと熱心に、妥協なく、情熱的に働けば良かった」と、多くの人が後悔するのかもしれません。

のらりくらりと、その場しのぎの働き方で時間を費やしたまま定年を迎えてしまえば、きっと最期に後悔します。与えられた場所で、今すぐ全力を出したいですね。

3:もっと自分を表現する勇気を持ちたかった

末期の患者から学ぶ・・・人が死ぬ前に後悔する5つのこと

≪I wish I’d had the courage to express my feelings.≫(REGRETS OF THE DYINGより引用)

大人になると、思ったことを口にできない瞬間がたくさんあります。言葉だけでなく、行動も縛られていきますよね? 

本当の自分を出す勇気を一度も持たないまま、この先も同じように過ごしてしまえば、最期に大きな後悔が待っているのかもしれません。自分はこう考える、自分はこうする、こう生きるのだという心からの叫びを表現できる人間になりたいですね。

4:もっと友人とつながっておくべきだった

末期の患者から学ぶ・・・人が死ぬ前に後悔する5つのこと

≪I wish I had stayed in touch with my friends.≫(REGRETS OF THE DYINGより引用)

放っておくと古い友人や知人とは、疎遠になっていきます。世界的な自己啓発の名著『7つの習慣』などでも、人間関係は常にメンテナンスをするべきだと書かれています。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。