ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人と差がつく!ポニーテールちょい足しヘアアレンジまとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人と差がつく!ポニーテールちょい足しヘアアレンジまとめ

定番ポニテのちょい足しテク7選

定番ポニテのちょい足しテク7選

定番ヘアアレンジを、もっとかわいく人と違って見せるための、簡単テクをご紹介します。

 

ポニーテールアレンジ基本の“き”!ゴムの隠し方

ポニーテールアレンジ基本の“き”!ゴムの隠し方

ロングヘアアレンジの大定番、ポニーテール。意外とお悩みの多いのが、ゴムの隠し方なんんです。カラーゴムなどを使って可愛く見せるやり方もありますが、今回は簡単にできるゴムの隠し方をご紹介したいと思います。

 
ポニーテールアレンジ基本の“き”!ゴムの隠し方手順

用意するものは、ゴムとピンを一つずつだけでOK!
① ポニーテールを作ります。
② くくった毛束のゴムの下側から、毛を少しとってゴムを隠すように巻きつけ。
※この時にポニーテールが崩れてしまう場合は、ポニーテールを崩れない程度にゆるめにくくってみて。また、ピンを使うと取りやすいです。
取った毛束を、見えないようにゴムの下あたりでしっかりとピンで留めます。
③ くくった髪の上のあたりを少しつまんで全体的に軽く崩せば、可愛いポニーテールの出来上がり♪
※②で留めた毛束が少し出たりしていても、全体を軽く崩していればゴマかせちゃいます。

 

ただのポニーテールがイマドキこなれ風になる♪簡単ヘアアレンジ

ただのポニーテールがイマドキこなれ風になる♪簡単ヘアアレンジ

今回は今流行りの“たゆん結び”のポニーテールです♪ひと結びにちょっとした手間を加えるだけの簡単アレンジで、今オシャレ女子の間で人気のヘア!
ポイントを押さえて作れば、簡単にいい感じの今風アレンジが楽しめちゃいます!
簡単×早い×オシャレと3拍子揃ったスーパーアレンジ。
きっとあなたの女の武器になること間違いなし! 押さえておくべきポイントをご紹介します。

 
ただのポニーテールがイマドキこなれ風になる♪簡単ヘアアレンジ手順

アレンジ前は特にキレイにセットする必要はありません! 寝グセがあるくらいの感じでも意外とオシャレになるので、よっぽどぐちゃぐちゃでなければそのままやってみてください♪
① まずはゴムでくくります。
② こんな感じです。
ポイント①襟足の生え際より下でくくること
ポイント②余裕を持ってゆるめにくくること
③ くくった毛先の内側半分を左右2つに分けて持って、ぎゅいーっと引っ張ります。
④ いい感じの丸みが出ましたね♪
後は、少し崩してスプレーすればできあがりです。
松井愛士(release SEMBA)

 

男受け間違いなし♪人気ランキング上位のポニーテールアレンジ

男受け間違いなし♪人気ランキング上位のポニーテールアレンジ

バレンタインも含め、デートやイベントなど、男性と一緒に過ごす時にオススメなヘアアレンジをご紹介致します!
男性からの受けがいいのは巻き下ろしや、綺麗なストレート。そしてやはり定番のポニーテールは人気があり、好印象!
ランキングでもこれらが上位に入るのですが、今回はその中のポニーテールにちょい足しするともっと可愛くなり、印象がアップするアレンジです。
髪を巻いて、普通にポニーテールしただけでももちろん可愛いのですが、今回はサロンでオーダーする時や、普段からアレンジをよくしていて器用な方にオススメなアレンジになります!
まずは普通に髪を巻いただけのもの!
これは好みもありますが、ユルい巻きの方が男性から好まれることが多いです!

 
男受け間違いなし♪人気ランキング上位のポニーテールアレンジ2

巻いた髪をポニーテールにし、全体をざっくり三つ編みしてルーズにしたポニーテールアレンジ!
毛先はくくらず、三つ編み感が少し残るくらいがベスト。崩れないようにスプレーなどで仕上げて。

 
男受け間違いなし♪人気ランキング上位のポニーテールアレンジ3

最後に全体をツイストしてルーズにしたポニーテールアレンジ!
どれもシルエットは一緒ですが、微妙なニュアンスや伝わり方が全然違います!
ちょっとセルフでは難しいですが、できないことはないアレンジではあるので、普段からアレンジしている方は、ぜひチャレンジしてみて下さい!
真後ろも良いのですが、少しサイドにズラしてポニーテールをしてみるのも可愛いですよ! サイド寄りにするだけでも雰囲気が変わり、さらにアレンジも真後ろよりはやりやすいですね。
吉田忍

 

定番ポニーテールをランクアップ♪ちょい足し簡単アレンジテク

定番ポニーテールをランクアップ♪ちょい足し簡単アレンジテク

女性ならきっと誰もが一度はやったことのあるヘアアレンジであろうポニーテール。
簡単で、誰でもできるヘアアレンジだからこそ、人と同じスタイルにおちいりがちですよね。そんなポニーテール。ただ結んだヘアに少し手を加えて、ワンランク上のポニーテールに変化させてはいかがですか?

 
定番ポニーテールをランクアップ♪ちょい足し簡単アレンジテク手順

①サイドをおくれ毛として残し、普通に後ろで一つに結んでもいいですが、三つ編みにして結ぶと崩した時の可愛さが倍増します!
②三つ編みをした状態で毛束を後ろにまとめます。
③②でまとめた髪をを結んだ状態です。
④毛束をつまんでひっぱりだします。
⑤①で残しておいたサイドをロープ編みしていきます。
⑥⑤のロープ編みを、ポニーテールを結んだゴムを隠すように巻きつけて、最後に毛先をコテで外ハネにしたら完成です!

 

簡単2分でできる!オトナ女子のこなれサイドポニーアレンジ

簡単2分でできる!オトナ女子のこなれサイドポニーアレンジ

デキる女性の定番、ゴムを隠すヘアアレンジ。
ただ結ぶだけなんてつまらない! と思っているオシャレな女性がよくやっているアレンジですよね。
今回はその定番アレンジに、ちょっとしたひと手間をプラスするだけで、もっと可愛くできる方法があるんです。

 
簡単2分でできる!オトナ女子のこなれサイドポニーアレンジ手順

①1つに結びます。慣れていない方は、サイド寄りに作るとやりやすいです。
②等間隔で少量の髪をつまんで軽く引き出し、全体的に立体感を出します。
③毛先を少し取ります。
④結んだゴムを親指に引っかけてから、ゴムを隠すように毛先を結び目にクルクル巻きつけます。
⑤親指に引っかけてあるゴムの内側に、巻きつけた髪の毛先を入れます。
そうすると、ピンなしでも、簡単にまとめれちゃいます!
しかも、ゴムも見えなくなります。
⑥完成。
堀井大輔(CLOWNhair)

 

朝が苦手な人に!2分でできる簡単“ゆるテール”アレンジ

朝が苦手な人に!2分でできる簡単“ゆるテール”アレンジ

朝、起きられない…寒さの厳しいこの季節、なかなかお布団から出られずに困っている人も多いはず! ただでさえ朝って忙しいのに、寝坊してしまうと余計に時間がない…そんな時は“朝ラク・ゆるテール”のヘアアレンジでこなれ&カジュアルにいきましょう♪

 
朝が苦手な人に!2分でできる簡単“ゆるテール”アレンジ手順

①まずはベース作りから。
写真はゆるく32ミリのコテで巻いていますが、「朝から巻く時間がない!」って方は、夜の内に“ゆる三つ編み”にして休みましょう。
②右・左・バックと髪を三つにブロッキング。この時にポイントなのは、分け目を大きくジグザグにすること。こうすることでキレイなゆるさがでます。
③真ん中を輪ゴムで一つくくりにします。くくる高さはちょうど耳の高さに持っていきましょう。このポニーテールをキュっとする時は、指先で小さな毛束をつまむようにして締めていきます。一度に多く毛束を取ると硬い印象になるので、少しずつ締めるのがコツ。
④フェイスラインに毛束を残して、左右の髪を真ん中のポニーテールに集めます。
仕上げに、シュシュを使ってゆるくまとめます。くくる時に、ゴムだけだときつい印象になってしまいがちです。逆にシュシュだけだとゆるくてすぐに崩れてしまいます。
このくくり方なら、ゴムでしっかりとした芯を作り、その上にシュシュでやわらかい髪を合わせるので「中はしっかり、外はふんわり」なゆるカワポニーテールになります♪
Knots【model:Mayu Takitani、Hair:井下貴史(BLANCO】

 

簡単にポニーテールがランクアップする“こなれポニー”の作り方

簡単にポニーテールがランクアップする“こなれポニー”の作り方

オシャレ女子はヘアアレンジも、セルフでとっても上手にされますよね。
でも、なかなかヘアアレンジを自分でやるのは難しい…なんて方もいるかと思います。アレンジが苦手な不器用さんでも、「ポニーテールならできるかも…」という方に、ぜひ挑戦していただきたいこのスタイル!
定番ポニーテールのオシャレ度がアップするアレンジテク。

 
簡単にポニーテールがランクアップする“こなれポニー”の作り方手順

①耳の位置で前後に分けます。
②後ろの髪を襟足の位置で一つに縛ります。
③前の髪を左右とも後ろにねじります。
④②の縛り目の下で③を縛ります。
⑤全体をほぐします。※この時、頭の丸みを意識してほぐすと◎。
⑥②で縛った先の髪を少し取ります。
⑦②と④の縛り目をまとめながら、ゴムを隠すように巻きつけます。
⑧ゴールドピンで留めます。
⑨毛先を巻いて出来上がりです!
簡単だけど、ひと手間加えた、こなれポニーテール。もしかしたら、手順⑦⑧が苦手…なんて方もいるかもしれませんが、ゴールドピンを使えばピンを隠したりする手間もかからないのでやりやすいかと思います。
山田裕資(megaMix)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。