ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お粥をブーー!遊び食べが楽しい娘、母はビニールケープ着用の離乳食タイム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

娘が生後5ヶ月半ばを過ぎた頃、離乳食をスタートさせました。

3ヶ月検診の時に受けた離乳食セミナーで、まずはお粥を食べさせましょうとのことだったので、定番の10分粥から始めました。

しかし、そもそも、私はお粥が苦手です。

もちろん自分で作ったことがなく、まごつきました。

10分粥の作り方をインターネット検索することからスタート。

何度か失敗しながら、娘が食べてくれる柔らかさと質感のものがようやく作れるようになりました。 離乳食作りに四苦八苦!の漫画記事:出来上がったのは謎の物体!?いそめし家の離乳食失敗録 by いそめしちかこ

何とか作り方を習得したお粥ですが、離乳食を始めた当初は、口の中に入れたものをほとんど出してしまい、味わって飲み込めるようになるまでには、1ヶ月ほどかかりました。

区民ひろばで知り合った先輩ママから「シラスを混ぜるとお粥がすすむよ」と聞いては試し、お粥とニンジンのピューレを交互に食べさせて変化を持たせたりと、それはもう必死でした。

そんな1ヶ月の奮闘も空しく、新たな壁にぶつかっています。

今、娘は離乳食をブーブーと口から飛ばすことにハマっているのです。

おかゆを口に入れてもぐもぐしたかと思ったら、「ブーー!」 大好きなバナナも「ブーーー!」 ブーブーと飛ばした後、満足そうにニヤニヤしています。

色々調べると、“遊び食べ”をし始めたら離乳食を下げても良しとのことですが、 娘は一口目からブーブーとするので、さすがに下げられません。

糊っぽい粘り気のあるお粥を飛ばされると、私の洋服はベタベタ&カピカピに……。

仕方がないので、ヘアカラー用のビニールケープを着用して食べさせるという、意味不明な離乳食タイムを過ごしています。 関連記事:カーペットが!私の顔が…! かぼちゃ色のブブブブにご用心

何とかブーブーを止めさせられないかと思考錯誤して効果があったのは、スプーンで口元をガードするという方法でした。

お粥を口に含ませて、ブーと飛ばす前に口元にスプーンを持っていくと、米粒の飛距離が出ません。

何回も繰り返していると面白くなくなったのか、スプーンをかざしただけでブーとすることが少なくなりました。

Sっ気のある娘は、お粥を飛ばすこと自体も楽しんでいますが、恐らく、私が困っているのも同時におもしろがっているのでしょう。

“ブーブー”ブームも冷めかけているようです。

そんなSっ子娘もそろそろ、2回食が始まります。

手作りするのはそれなりに大変ですが、どんな食べ物が好きなのか、嫌いな食べ物も出てくるのかと考えると、今から楽しみで仕方ありません。 この記事を書いたライターBB_TAOさんの、「寝かしつけ」に困った記事はこちら:寝るまで2時間抱っこは当たり前!孤独な”寝かしつけブルー”を救ってくれた支援センター

著者:BB_TAO

年齢:40歳

子どもの年齢:6ヶ月

7歳のチワプー(チワワ×プードル)と5歳のマルチーズの犬ママ、そして40歳初産の新ママ。娘に振りまわされながらも、翻弄される喜びも感じているバカ親。4月から仕事復帰したが、子育ての両立の難しさにただただ困惑中…。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

市販のベビーフードを使う罪悪感…。あの頃の私に伝えたいこと by きのかんち
食べない離乳食…増えない体重…。成長曲線から外れてしまった娘と試行錯誤した1ヶ月
パプリカ大爆発!激苦の次に待っていた試練、無事に食べることはできるのか? by いそめしちかこ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP