体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

私が普通の旅行でAirbnbをおすすめしない3つの理由

私が普通の旅行でAirbnbをおすすめしない3つの理由
Tomoka Aono「イジェン火山&ローカル鉄道の旅」

Tomoka Aono「イジェン火山&ローカル鉄道の旅

こんにちは!Compathy Magazineライターのアオノトモカです。
民泊予約サービスAirbnbを知っていますか? 世界中にあるホームステイやユニークな宿泊施設を検索・予約することができるサービスで、旅人の間でも話題になっています。

最近は外国人観光客の増加に伴う宿泊施設の不足によって、日本でもこのサービスが注目されるようになりました。私は現在インドネシアを2ヶ月間旅行中なのですが、Airbnbを利用して宿を確保しています。そんな中で私が感じた、普通の旅行で「Airbnbをおすすめしない3つの理由」をご紹介します。

①見つけにくい

Airbnbに登録されている宿泊施設の多くは「民泊」です。つまり、通常のホテルのように大きな看板が出ていたり、グーグルマップに載っていたりするわけではありません。安い施設だと町外れにあったり、住所がはっきりしなかったりと、見つけるのに一苦労です。

宿泊先にたどり着くためには、ホスト(民泊提供者)と密に連絡を取って迎えに来てもらったり、近隣の住民に場所を尋ねたり、「リアルなコミュニケーション」や「人の助け」が必要になります。普通のホテルに泊まればしなくてもいい苦労をしなければなりません。

②変な物件が多い

Tomoka Aono「イジェン火山&ローカル鉄道の旅」

Tomoka Aono「イジェン火山&ローカル鉄道の旅
Airbnbには、普通のホテルではありえないような、変な物件が多く登録されています。私がジャワ島ジョグジャカルタで宿泊した「House of Nasi Bungkus」もその一つ。田んぼのど真ん中にある屋根裏部屋のような部屋で、壁は過去の宿泊客や地元アーティストによるアートで埋め尽くされています。

田んぼに面した壁が開くようになっていて、開けたら外から中が丸見え! そんなヘンテコな部屋に似つかわしくない、蚊帳付きのふかふかマットレスで眠りにつこうとすると、聴こえるのはカエルと虫の鳴く音。まるで地球と一体になったかのような感覚で眠りに落ち…。朝は夜明け前から近隣のモスクの音が響き渡り、その音で目を覚ましました。

Tomoka Aono「イジェン火山&ローカル鉄道の旅」

Tomoka Aono「イジェン火山&ローカル鉄道の旅
また、ジャワ島バニュワンギの「Didu’s Homestay」では、かわらしいバンガローに宿泊しました。庭にはソファやハンモックが並ぶ共有スペースがあり、緑があふれる庭を眺め、花の香りがする涼風を浴びながら、本を読んだり他の旅行者と会話を楽しんだりすることができます。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。