ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

史上最強の経営者投票 現役社長の評価が軒並み低い理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『週刊ポスト』(2016年5月27日号)では、日本企業の経営者を長年にわたって観察しつづけてきた経営評論家、経済ジャーナリストなど21人と匿名の経済記者数人に、故人を含めて「彼こそ名経営者」といえる人物を1~3位まで挙げてもらい、得票数によってベスト10を発表した。

 その結果、現役の経営者は4位の孫正義・ソフトバンク会長と9位の永守重信・日本電産会長兼社長の2人だけで、1位の松下幸之助氏など故人が多くランクインした。現役の経営者の中にも「優秀」と称される人物は数多くいるはずなのに、おしなべて評価が低いのはなぜなのか。双日総研チーフエコノミストの吉崎達彦氏がいう。

「昔の経営者に比べて、いまの経営者は明らかに小粒になっている。私は1990年代前半に経済同友会の職員を務めていましたが、当時の財界人には文字通り“風圧”を感じたものです」

 なぜ経営者が小粒になったのか。経済ジャーナリストの片山修氏は次のように分析する。

「松下幸之助、本田宗一郎、盛田昭夫ら戦後のカリスマ経営者に共通するのは“攻めの経営”を貫いたことです。しかし、経済成長が鈍化してデフレ時代に突入すると、思い切ったチャレンジができなくなり、無難な道を選ぶ“守りの経営”が主流になった」

 カリスマ創業者が第一線を退き、生え抜きの「サラリーマン社長」が経営を引き継いだ影響も少なくない。

「ゼロから会社を立ち上げたオーナー社長とサラリーマン社長とでは、リスクの取り方がまったく異なります。オーナー社長はその情熱を120%使い切り、夢の実現に向けてまっしぐらに走ることができる。

 それに対して、サラリーマン社長は失敗すれば自分の地位が危うくなるから、リスクを取ることができない。自ずと調整型の意思決定をすることになりますが、それでは新しいビジネスは生まれません」(片山氏)

 バブルが弾けた1990年代後半以降、日本企業の多くは雇用、設備、債務の「3つの過剰」を解消し、強固な財務体質を確立する方向に舵を切った。現在、経営トップに就いているのは、この「3つの過剰」対策に奔走し、実績を上げてきたエリート社員も多い。彼らはリストラや人材、研究開発への投資抑制など“守り”には強いが、攻める力には乏しいといわざるを得ない。

 さらに、会社が置かれた環境が変わり、より“守り”に強い社長が求められるようになった面もある。

「オーナー社長は株主の目を気にすることがないので、いまのようにIR(投資家に向けた業績動向の広報活動)をやる必要がなかった。その分、自分の時間もあり、多趣味で教養のある人が少なくなかった。

 昔は女性問題にもさほどうるさくなかったので、そちら方面での“豪傑”もいた。それに比べると、いまはどうしても人間の幅が狭くなってしまう。これには致し方ない面もありますが……」(吉崎氏)

 人間の幅の狭さが経営面だけでなく、人材の登用にも影響するとしたら問題だ。

「狭量な社長は有能な外部人材を遠ざけ、社内から自分より小粒な後継者を選んでしまいがち。自分が社長を退任した後も、自らの影響力を残して院政を敷くためです。だから時代を経るごとに、日本企業のトップが無難ではあるが、面白みのない人材で固められていくことになる」(片山氏)

 スティーブ・ジョブズしかり、ビル・ゲイツしかり、世界経済をリードするのは常にカリスマ経営者たちだ。日本経済復活のためにも、かつての「カリスマ経営者」たちが抱いていた志を継ぐ、新たな経営者の台頭が待たれる。

※週刊ポスト2016年5月27日号

【関連記事】
日本 創業百年以上企業が5万以上2百年でも3千以上で世界一
企業を改革した経営者 孫正義、小倉昌男、盛田昭夫が上位
独自の経営理念と創業者精神を持つ松下幸之助の軌跡を辿る本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP